【なでしこリーグ・浦和L】負けず嫌いの“新星”。北川ひかるが見せる責任感と覚悟

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年03月28日

「レッズの一員としての責任感が一層重くなった。一つひとつのプレーにこだわりを持ちたい」

18歳のルーキーながら、開幕スタメンを勝ち獲った北川。攻守に積極的なプレーを見せ、吉田監督からも「将来が楽しみな選手」とお墨付きをもらった。 (C)J. LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 王座奪還を狙う浦和レッドダイヤモンズレディース(浦和L)は、日テレ・ベレーザとの開幕戦で、左SBのスタメンに18歳のルーキー・北川ひかるを起用した。昨季特別指定選手として12試合に出場したとはいえ、北川にとっては正式に浦和Lの一員となって初の公式戦。少なからず緊張はあったというが、それでも「自分のできることを最大限にやろう」と集中力を高めてゲームに臨んだ。
 
 北川は序盤から高いポジションを取りながら、対面の選手に対して鋭く寄せて簡単にボールを持たせず、球際にも恐れずに飛び込んでいく。攻撃では強気な仕掛けでサイドを抉り、ゴール前にクロスを供給。55分には左サイドを独走後、クロスではなくカットインして自らシュートを放つ積極性も見せた。そのプレーぶりは、両チームのスタメンで最年少とは思えないほど、堂々たるものだった。
 
「同じ年代の多いベレーザが相手で、絶対に負けたくなかった。縦にスペースがあったし、恐がらず前向きにプレーできたと思います。(55分の場面は)昨季あまり積極的にシュートを打たなかったので、一回打っておこうかなと。今日は一本だけでしたけど、攻撃の姿勢をもっと強く持って、得点に絡めるようにしたいですね」
 
 北川の“負けず嫌い”は、80分のあるシーンにも表われている。セカンドボールに飛び込んだ際、相手選手との接触で左膝を強打し、担架でピッチサイドに運び出された。しばらく立てないほどの痛みがあったが、「交代したくない」(北川)気持ちが勝り、ゲームに戻る意志を示す。「やれるなら(ピッチに)入れ!!」という吉田靖監督の檄に呼応するようにポジションに戻り、ベレーザの猛攻に遭った終了間際にはスライディングでピンチを防いで見せたのだ。
 
「監督に急かされた感じもありましたけど(笑)、あの声があったからこそ(最後まで)できました。サイドを割らせないプレーは自分なりにできたし、スライディングも恐がらずに行けた。昨季よりもガッツ溢れるプレーは出せたと思います。レッズの一員としての責任感が一層重くなって、一つひとつのプレーにこだわりを持ってやっていきたいなと」
 
【関連記事】
【なでしこリーグ・ベレーザ】女子サッカーを盛り上げる“使命”を背負う岩清水が「私たちだけじゃない」と確信したこととは?
【なでしこ】岩渕真奈の覚悟。憧れの「大好きな先輩」からバトンは受け継がれた
【日本代表】ベストは4-3-3か4-4-2か。シリア戦は“最適解”を探る舞台に!?
【日本代表】「まあまあ」ではなく「一番良い」と言われるために――原口元気に起きた心境の変化とは
【日本代表】連続出場が途切れた宇佐美だが「なにも思わない」。それよりも大事なのは「出た時にどれだけできるか」
【日本代表】「久しぶりに代表で楽しめた」清武。アフガ二スタン戦で活躍できた背景には…
【識者の視点】岡崎、原口らが貫くクラブでのスタンダード。2次予選の相手にも欧州組が重視される理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ