• トップ
  • ニュース一覧
  • 今年の日章学園は高岡伶颯だけにあらず。左利きのドリブラー南創太は巧い選手から恐い選手に

今年の日章学園は高岡伶颯だけにあらず。左利きのドリブラー南創太は巧い選手から恐い選手に

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2024年02月20日

3戦3発の大暴れ

得点力も大きな魅力。原監督も「毎試合、点が取れる感じになってきた」と評価する。写真:松尾祐希

画像を見る

 昨年12月8日に行なわれた京都U-18とのプレミアリーグ参入プレーオフ1回戦(3-4)では、先制点をマーク。得意の左足でミドルシュートを叩き込むなど、大事な試合でゴールを奪えるようになったのは成長の証だ。

 2月17日から開催されている九州高等学校(U-17)サッカー大会でも存在感を発揮。エースの高岡が高校選抜の活動で予選リーグを欠場したなかで、南は3戦3発の大暴れ。

 決勝トーナメントに入っても19日に行なわれた準々決勝の鹿児島城西戦(1-0)で利き足ではない右足で決勝点を奪い、同日の準決勝では大津に1-6の大敗を喫したものの、終了間際に一矢報いるゴールを左足で冷静に決めた。
 
 原監督も南のプレーに太鼓判を押しており、さらなるステップアップも不可能ではないと見ている。

「上のステージを目ざしてほしい。決定的な仕事もできるようになってきた。昔からドリブルは良かったけど、最後の質が課題だった。ラストパスやシュートがダメだったけど、自主練習でこだわるようにも話してきたんです。

 上に行くんだったら、最後の局面でパンチがあるとか、数字が残せることが大事。この半年ぐらい居残りで高岡と一緒にカットインシュートも練習していたので、ようやく毎試合、点が取れる感じになってきた」

 右肩上がりで成長を続けるドリブラーの可能性は無限大。今大会にはJクラブのスカウトが多く訪れており、目に止まったとしてもおかしくない。守備の課題などはあるが、武器を磨き続ければ、高卒でのJ入りも決して夢物語ではないはずだ。

取材・文●松尾祐希(サッカーライター)

【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part3)

【記事】「夢かと思った」国立の舞台で決勝弾、日本高校選抜の池戸柊宇が“代表者”としての責任を全う! ゴールパフォーマンスはお笑い芸人の…

【記事】「高体連として意地がある」日本高校選抜が6年ぶりの勝利! DF渡邉優空が示した覚悟「各高校の代表として...」
 
【関連記事】
「夢かと思った」国立の舞台で決勝弾、日本高校選抜の池戸柊宇が“代表者”としての責任を全う! ゴールパフォーマンスはお笑い芸人の…
「高体連として意地がある」日本高校選抜が6年ぶりの勝利! DF渡邉優空が示した覚悟「各高校の代表として...」
「自分の良さが出せなくなって...」オーストリアで苦悩する20歳FW二田理央が手本にする日本代表戦士「同じような悩みを乗り越えて今があると思う」【現地発コラム】
「96年で俺は止まっている」前園真聖がアトランタ五輪後のキャリアに後悔の念「ちゃんと分かっていれば、もっと長くできた」
“日本の脅威”となったイラン代表アズムン、なぜゴール後に敵サポーターに謝罪したのか。真意を明かす「18歳の若者が軽率なことを...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ