• トップ
  • ニュース一覧
  • “日本の脅威”となったイラン代表アズムン、なぜゴール後に敵サポーターに謝罪したのか。真意を明かす「18歳の若者が軽率なことを...」

“日本の脅威”となったイラン代表アズムン、なぜゴール後に敵サポーターに謝罪したのか。真意を明かす「18歳の若者が軽率なことを...」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月19日

「良くないジェスチャーをした」

ゴール後に謝罪した真意を明かしたアズムン。(C)Getty Images

画像を見る

 アジアカップの日本戦で脅威となったイラン代表のサルダル・アズムンが、2月18日に行なわれたセリエA第25節フロジノーネ戦でゴールを決めた際のパフォーマンスが話題となっている。『Gazztta dello Sport』紙や『Corriere dello Sport』紙が報じた。

 味方のシュートのこぼれ球を押し込み、ローマの2点目となるゴールを決めたアズムンは、両手を広げて喜んでからすぐ、観客席に向かって両手を合わせ、謝罪のポーズをした。

 古巣相手に得点した際によく見られるポーズだが、アズムンはフロジノーネに所属していたわけではない。それだけに、ゴールを一緒に祝おうと駆け寄ったトンマーゾ・バルダンツィも、アズムンの行動を不思議がった。

 なぜ、アズムンはフロジノーネのサポーターに謝ったのか。理由は、前半にチームメイトがゴールを決めた際のパフォーマンスにあったという。

 38分に均衡を破ったのは、ローマの18歳DFディーン・ハイセンだ。センターサークルからドリブルで一気に攻め上がったハイセンは、そのまま右足を振り抜いて見事なゴールを決めている。

 この時、ハイセンはチームと得点を祝ってから、人差し指を口にあて、フロジノーネのサポーターに向けて「黙れ」というポーズを見せた。これに一部のフロジノーネ選手が怒りを見せ、主審はハイセンにイエローカードを出している。
【動画】ゴール後に相手サポーターに謝罪するアズムン
 冬のマーケットでユベントスからローマに加わったハイセンだが、じつはフロジノーネ加入の話もあった。そのため、フロジノーネのサポーターはこの日、ローマを選んだハイセンにブーイングを浴びせていたのだ。選手のポーズは、それに応じたものだった。

 しかし、ハイセンの行動で緊張が増したこともあってか、ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督は、ハーフタイムにハイセンをベンチに下げている。

 Corriere dello Sport紙によると、アズムンは試合後に『DAZN』のインタビューで、「18歳の若者が軽率なことをした」と話している。

「怒っていたフロジノーネのサポーターに対して良くないジェスチャーをした。サッカーにおいてはまずリスペクトだ。だから1点目の時のことをフロジノーネのサポーターに謝りたかった」

 アズムンの行為を、フロジノーネ陣営とサポーター、そしてハイセンはどう感じただろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
 
【関連記事】
アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
「ここ数年で最悪」「暴行だ」三笘薫の左膝に直撃した悪質タックルを元英代表MFが痛烈批判「彼のキャリアは終わっていたかもしれない」
「最終兵器」を披露できずに終戦した森保ジャパン。対戦国が震撼するはずだった“同時起用”は実現しなかった【担当記者コラム】
「あいつは凄い。化け物」内田篤人が日本代表の紅白戦で翻弄されたアタッカーを明かす!「初めて尻もちをついた」
「言ったなぁと思いますけど」内田篤人、イラン戦後の守田英正の発言に見解「選手の感覚とか意見はすごく大事」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ