• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1展望】1stステージ・1節|横浜-仙台|お互いに堅守自慢でにらみ合う展開のなか、攻撃陣の出来が勝敗を分けるだろう

【J1展望】1stステージ・1節|横浜-仙台|お互いに堅守自慢でにらみ合う展開のなか、攻撃陣の出来が勝敗を分けるだろう

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月27日

仙台――相性の良いスタジアムで、強化した攻撃力を発揮したい。

故障者/横浜=ラフィーニャ、中島、中村 仙台=石川慧、蜂須賀、二見、常田、キム・ミンテ、椎橋、R・ロペス
出場停止/横浜=なし 仙台=なし

画像を見る

J1リーグ1stステージ・1節
横浜F・マリノス-ベガルタ仙台
2月27日(土)/18:30/日産スタジアム
 
ベガルタ仙台
2015年リーグ成績:16位 勝点13 3勝4分7敗 20得点・26失点
 
【最新チーム事情】
●FC東京から移籍の三田の評価が高く、ボランチとして先発出場が濃厚。
●副キャプテンに選出された平岡も先発出場の模様。渡部とコンビを組む。
●蜂須賀、二見の両SBが別メニュー調整のため、移籍加入の大岩に加え、ユースから昇格の小島がベンチ入りする可能性も。
 
【担当記者の視点】
 仙台は例年どおり、J1開幕の直前まで宮崎キャンプを行ない、今年はアウェーで開幕のため、前日でキャンプを打ち上げて、仙台に戻らず直接横浜へ乗り込む。
 
 今年は渡邉監督が「堅守賢攻の攻撃にフォーカスを当てる」と語るように、攻撃面での強化に力を費やした。約1か月のキャンプのなか、頭角を表わしたのはボランチに入る三田。攻撃につながる精度の高いパスでどれだけチャンスを作れるかが勝負の分かれ目になりそうだ。
 
 ただ、攻撃的な三田をボランチで起用することで、守備のバランスをいかに取るかも重要だ。昨季から守備の要として活躍する渡部と、清水から移籍の平岡が、守備をどう統率するかも鍵となる。
 
 10年以降、日産スタジアムでは負けがない。スタジアムの相性の力も借りて、昨季から磨き上げた堅守賢攻を表現し、開幕戦勝利を飾りたい。
 
【関連記事】
【J1】開幕直前チェック 横浜編|“アデミウソン・ロス”に陥るチームを齋藤学が救えるか?
【横浜】不惑まで突っ走る! 38歳の中澤佑二が第一線で輝き続ける理由
【横浜】中村俊輔が自らに課す『10G・10A』。ノルマへの“最適解”はいまだ見つからず?
【J1】開幕直前チェック 仙台編|前線からのハイプレスで5位以内を狙う!
【仙台】東日本大震災発生から5年、被災地で強くした“Build Up”の想い

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ