【J1】開幕直前チェック 仙台編|前線からのハイプレスで5位以内を狙う!

カテゴリ:Jリーグ

板垣晴朗

2016年02月24日

攻撃を中心にベースアップに力を注ぐ。

仙台の2016年シーズン基本布陣。新加入の三田はボランチを務める。

画像を見る

【プレシーズンを通じての収穫と課題は】
 
 大量の選手入れ替えでベース作りから進める必要があった昨季と違い、今季はベースの上に積み重ねる作業に注力できる。

 渡邉監督によれば「今季に向けて新しく取り組む攻撃の要素は、(昨季最後の公式戦となった天皇杯準々決勝・)柏戦の前にある程度落としこめた」とのことで、そこに新しい選手を加えてグレードアップさせることを目指している。
 
 渡邉監督は、堅い守備から状況に応じて多様な攻撃を繰り出す“堅守賢攻”を理想としており、「今季は特に“賢攻”の部分にフォーカスする」と宣言。守備一辺倒になって押し切られた試合が少なからずあった昨季の反省が、その背景にある。割り切った守備を選択肢に残しつつ、高い位置でのプレッシャーを磨き、攻撃の時間を増やすことも狙いだ。
 
 キャンプ中の練習試合では、2月12日の甲府戦で、試合を支配してチャンスを増やすことに手ごたえを得たという。水野や三田という新戦力も、それぞれ持ち味を出して仙台の攻撃に新しい選択肢を加えた。
 
 しかし練習試合を重ねる中で、失点が少ない一方、得点は伸びなかった。その反省を受けて20日の練習試合では「本番さながらに結果にこだわる」(渡邉監督)目標を設定したが、内容も結果も非公開のため、詳細は不明。その成果を、開幕戦で見せられるか。
 
【関連記事】
【浦和│新戦力インタビュー】U-23代表主将の遠藤航が「高校時代にコテンパンにされた」と語る“湘南の大先輩”と同僚に
【韓国メディアの視点】タレント不足のU-23韓国代表。オーバーエイジ候補には、ソン・フンミンやパク・チュホの名も
【J1】開幕直前チェック 名古屋編|5人目まで連動する新スタイルの確立が急務も目標は優勝
【J1】開幕直前チェック 大宮編|パスサッカーはおおむね機能。強豪との序盤戦が試金石に
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「自らが渇望していたゴールをついに――。今や誰もがケイスケに夢中だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ