【横浜】不惑まで突っ走る! 38歳の中澤佑二が第一線で輝き続ける理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年02月26日

「とりあえず、40と決めています。その先は分からない」。

2月25日に38歳の誕生日を迎えた中澤。プロ18年目となる今季の目標は「優勝したい」。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月25日、横浜の中澤佑二が38回目の誕生日を迎えた。
 
「(開幕を2日後に控え)開幕弾、バースデーゴール(を決めたい)。残りのサッカー人生は短いですから、記録より記憶に残る、みなさんの思い出の一部になるようなメモリアルゴールを、ね」
 
 この年齢にもなれば、すでに引退している選手もいるなかで、中澤は今も元気にピッチを駆け回り、代えの利かない主力メンバーとしてチームを支えている。
 
 まだまだスパイクを脱ぐ気はない。あと2年経てば、40歳――。ひとまずは“不惑”まで走り続けるつもりだ。
 
「とりあえず、40と決めています。その先は分からない。心と身体と相談して」
 
 自分のことを、目標を定めてそこから逆算していくタイプだと言う。ひとつの区切りを設けることで、そこに向かっていくことがモチベーションとなり、サッカーに打ち込めているようだ。
 
 かつてのチームメイトの頑張りも、中澤を奮い立たせている。
 
「ドゥーさん(ドゥトラ)が40までやったんだっけ? マルキ(ーニョス)も39でバリバリやっていたし。自分より上の選手が頑張ってきた姿を間近で見てきたので、その齢までは頑張れるかな、と。それが自分の中でのモノサシなので」
 
 40歳までは、CBで誰にも負けたくない――そのためにはどんなに厳しいメニューでも、若い選手たちと一緒にこなす。
 
「疲れているから休んでいいよ、とは言われたくない」
 
 同じようにトレーニングをこなすだけでなく、「逆に若手よりも良いタイムで練習を終えたい」と、目をギラギラさせる。
 
 そんな中澤を支えている原動力とはなにか。
 
「なんでしょうかね。まあ、サッカーが好き、というのもあるんでしょうね。観る、教える、じゃなくて“する”。教えたいと思う人は、もしかしたら早く辞めるのかもしれない。僕は、サッカーをしているほうが好き。その違いだと思いますけどね」
 
【関連記事】
【J1】開幕直前チェック 横浜編|“アデミウソン・ロス”に陥るチームを齋藤学が救えるか?
【横浜】中村俊輔が自らに課す『10G・10A』。ノルマへの“最適解”はいまだ見つからず?
【横浜/新体制】〝優勝″の言葉が聞かれなかったのは「チーム編成はまだ完了していない」(長谷川社長)から
【横浜】前田獲得の舞台裏。学、アデミウソンの後釜として白羽の矢
【中澤佑二セレクト】J1・500試合の中から本人が選ぶ「思い出深き5つのゲーム」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ