【仙台】東日本大震災発生から5年、被災地で強くした“Build Up”の想い

カテゴリ:Jリーグ

板垣晴朗

2016年01月21日

「人の心を突き動かせるような試合をしたい」(渡邉監督)

始動日に被災地である宮城県石巻市の大川小学校を訪れた仙台の面々。全員で亡くなられた方々の冥福を祈った。

画像を見る

津波の傷跡を目の当たりに……。改めて東日本大震災の被害の大きさを知るとともに、被災した方の証言も聞いた。

画像を見る

 仙台は1月20日、2016シーズンを始動させた。同日昼にクラブハウスに集合した選手、スタッフはミーティングを終えると、最初のチーム行事として、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市への訪問活動を行なった。
 
 2011年3月11日に東日本大震災が発生してから、今年の同日で5年を迎える。「5年という月日は“ひとつの節目”、“区切り”という捉え方をされかねない時期に差し掛かりますが、まだまだ復興は道半ばです」と仙台のコーチ時代にクラブハウスで被災した渡邉晋監督は語る。
 
 その現実を新加入の選手やスタッフにも知ってもらうため、また、チーム全体としてはこの地に存在するプロスポーツクラブの意義を考えるため、昨年に引き続いて始動日に被災地を訪問。今回は宮城県石巻市の大川小学校を訪れることとなった。
 
 津波によって地域全体が大きな被害を受けた場所であり、大川小学校の児童も多くが犠牲になった。チームが同所に着いた時には、偶然にも児童のご遺族の方が慰霊に訪れていて、大きく壊れた校舎など津波の傷跡を目の当たりにするだけでなく、被災した方の証言も聞くことができた。
 
 渡邉監督は、今季のチームスローガンである“Build Up”という言葉の中に多くの意味を込めた。そのうちのひとつが、「復興の“興”の字を書いて、“興す”ということ」だ。
 
「今一度、ベガルタ仙台が復興のシンボルとして光り輝くように、また被災地へ勇気と希望をしっかり届けられるように、人の心を突き動かせるような試合をしたい」(渡邉監督)
 
 この想いを、選手・スタッフも、今回の被災地訪問を通して強くした。
 
 2011年3月28日に、一時避難していた仙台の選手とスタッフが再集合して最初に行なったことが、石巻市への訪問とボランティア活動だった。それからトップチームだけでなく、アカデミーやレディースでも被災地での復興支援活動をしてきた。
 
 ピッチ上でひたむきなプレーを続け、ピッチ外では復興支援活動を行なう。仙台は2016年も、ホームタウンにとっての希望の星となることを目指す。
 
取材・文・写真:板垣晴朗(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ