【千葉】20人超を入れ替えた新生ジェフが目指す形とは? 柏を一蹴したちばぎんカップで見えたスタイル

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年02月15日

4戦4勝。プレシーズンは納得のいく成績を残す。

昨季からの既存戦力でスタメン起用されたのは井出ひとり。先制点につながるクロスを供給するなど、勝利に貢献した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨季からのメンバーで唯一、柏戦で先発した井出は話す。
 
「チームの始動から、ボールを取った後にすぐに前に付けて素早く攻めるという形を練習してきた。今日は上手く成果を出すことができた」
 
 ただ、この粘り強い守備からカウンターという形は昨季も取り組んできたサッカーだ。昨季は佐藤勇、パウリーニョ(佐藤勇は今季も所属。パウリーニョは湘南へレンタル移籍)のダブルボランチを軸にプレスをかけ、N・ペチュニク、森本(それぞれ大宮と川崎へ移籍)を軸に手数をかけずに攻め込み、少ないゴールで勝利する。序盤戦はこのパターンがはまり、勝点をハイペースで積み上げた。
 
 しかし、夏を前に問題になったのは守備を固めてくる相手に対して得点を奪えなくなったことだった。チャンスを作るも決め切れずに勝点を落とすと、ズルズルと順位を下げ、最後まで浮上のキッカケを掴めなかった。
 
 その点、昨季の悔しさを知る井出は次のように語る。
 
「シーズンが進めば分析はされると思うし、そこでどう戦うかが大事になってくる。昨季はチャンスを決め切る力が不足していた。今日はセットプレーから上手く3点を取れたが、このようにしっかりゴールを奪って勝ち切るというのがすごく大切になってくる。今年は決め切る力を身に付けようとチームとして取り組んでいる。それが結果に表われてくれれば良いと思う」
 
 宮崎で参加したニューイヤーカップでは熊本、福岡、鹿島に3連勝。この日の柏戦を含めれば、シーズン前に行なった90分の対外試合(練習試合を除く)は4連勝だ。得点は11、失点は2と、内容も伴っている。ここまでは昨季の課題を修正できていると言えるだろう。
 
 あとはこの勢いをどれだけ持続させ、勝点を稼げるか。選手は大幅に入れ替わったが、目指すサッカーは変わっていない。いかにやり切れるかどうかだ。まずはスタートダッシュを成功させ、昨季失速し始めた6月を良い形で迎えることがひとつの鍵になるだろう。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ