【ちばぎんカップ採点&寸評】千葉 3-0 柏|“新生ジェフ”が3ゴールを奪って快勝! 船山&エウトンら新加入組が躍動する

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月14日

MOMは貴重な先制点を挙げた船山。

【警告】千葉=なし 柏=大谷(44分)、中谷(51分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】船山貴之(千葉)

画像を見る

【試合内容】
 立ち上がりから主導権を握ったのは千葉。ボールを奪うと素早く縦につなぎ、チャンスを作る。すると15分にCKの流れから新加入の船山が決めて先制に成功。一方、柏は1トップのD・オリヴェイラ、2列目の茨田、エデルソン、大津がパスをつないで攻めるが、フィニッシュの精度を欠いた。
 
 後半に入っても流れは変わらず、千葉が柏の攻撃を撥ね返し、カウンターにつなげる。49分には再びCKから今度はエウトンが決めて追加点。柏はその後、田中らを投入して反撃を試みるが、82分にはFKからイ・ジュヨンがネットを揺らして、3-0。千葉のライバル対決はオフに多くの選手を入れ替えた“新生ジェフ”が完勝を収めた。
 
【チーム採点・寸評】
千葉 6.5
スタメンは井出以外の全員が新顔。それでもカウンターという武器を活かし有利に試合を進め、リーグ開幕へ弾みをつける勝利を掴んだ。
 
【千葉|採点・寸評】
GK
23 佐藤優也 6
抜け出したD・オリヴェイラを果敢な飛び出しで止めるなど、出足の良さを見せる。セービングも安定していた。
 
DF
5 多々良敦斗 6
オーバーラップの回数は限られたが、前線へ的確にフィードを送った。一方で守備面では大津に翻弄される場面があった。
 
20 若狭大志 6(88分 OUT)
CBの相棒、イ・ジュヨンを上手くカバー。柏のパス回しに後手を踏みながらも最後の一線では身体を張った。
 
24 イ・ジュヨン 5.5
前半はパスミスを繰り返し、D・オリヴェイラの突破も止め切れず。それでも82分、FKに頭で合わせチーム3点目をマークした。
 
27 阿部翔平 6
相手に囲まれても落ち着いてボールをキープし、前線にパスを供給。プレースキックも正確でイ・ジュヨンのゴールをアシストした。
 
MF
6 山本真希 6(HT OUT)
長短のパスでチームをコントロールし、機を見た攻め上がりで攻撃に厚みを加えた。ただ、安易なボールロストは反省材料。
 
8 井出遥也 6.5(85分 OUT)
鋭いフェイントからクロスを入れ、船山の先制ゴールを導いた。切れのあるドリブルが光り、カウンターの先導役として機能した。
 
16 小池純輝 6.5 (66分 OUT)
スピード溢れる突破で右サイドからチャンスメイク。攻撃の起点となった。欲を言えば前半終了間際のGKとの1対1は決めたかった。
 
22 アランダ 6(69分 OUT)
激しいチャージでボールを回収し、素早く縦へ入れてカウンターを発動させた。タイミングの良いオーバーラップも効いていた。
 
FW
9 エウトン 6.5(76分 OUT)
身体の強さを活かし、安定したポストプレーを披露。48分にはCKにファーで合わせ追加点を奪った。
 
MAN OF THE MATCH
11 船山貴之 7(55分 OUT)
15分に相手のトラップミスを見逃さずに貴重な先制ゴールを奪取。以降も周囲との好連係から柏ゴールに迫った。
 
交代出場
MF
15 富澤清太郎 6(HT IN)
ボランチの一角として後半から登場。押される時間が多かったなか、粘り強く対応して無失点勝利に貢献した。
 
FW
18 吉田眞紀人 5.5(55分 IN)
最前線でボールを受けようと奮闘。途中出場の長澤と協力してチャンスを作ったが、決定機にはつなげられなかった。
 
MF
10 長澤和輝 6(66分 IN)
出場後、数分は消えていた。それでも徐々に積極性を見せ、フィニッシュに絡んだ。出場時間が短かったのが残念。
 
MF
7 佐藤勇人 5.5(69分 IN)
2点のリードを得て、全体が下がり気味だったため真骨頂の攻め上がりは影を潜めた。ディフェンスでは対面の選手にしぶとく食らいついた。
 
DF
4 北爪健吾 -(76分 IN)
中盤2列目の右に入り、相手の進攻を食い止めた。得意の攻撃面ではなく守備面でチームを助けた。
 
FW
19 オナイウ阿道 -(85分 IN)
終了間際にはドリブル突破からシュートを試みるもミートできず。アピールするには時間が短すぎた。

監督
関塚 隆 6.5
序盤から“奪ったら縦”という形を選手に徹底させ、主導権を握った。オフに多くの選手が入れ替わったなか、チームをしっかり機能させた。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 

先制点を奪った船山。プレシーズンでは得点を重ねるなど、好調なパフォーマンスを見せている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ