【アーセナル 2-1 レスター|採点&寸評】劇的な結末を迎えた上位対決! 逆転弾を呼び込んだエジルがマン・オブ・ザ・マッチだ

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月15日

怪我明けのウェルベックが活躍!

フォーメーション&結果 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

決勝ゴールを決めたウェルベック。復帰戦で大仕事をやってのけた。 (C) Getty Images

画像を見る

【アーセナル|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 7.5
常にボールを保持して大半の時間を敵陣で過ごし、首位レスターを完璧に押し込め、勝点差を2に縮めた。怪我明けのウェルベックが復帰戦で結果を残したことも含め、チャンピオンズ・リーグのバルサ戦に向けて、最高の1勝を手にした。
 
監督アーセン・ヴェンゲル 6.5
数的優位になってからタイミング良くカードを切り、攻撃的に振るった采配が大当たり。ウォルコット、ウェルベックと途中投入の2人が結果を残し、ラニエリとの知将対決に勝利した。
 
【アーセナル|選手採点・寸評】
GK
33ペトル・チェフ 6.5
15分にヴァーディーのヘディングシュートを難なくセーブするなど、落ち着いたプレーを披露。チームが前掛かりになるなかで、時折訪れるピンチをことごとく防いで、最終ラインに落ち着きをもたらした。
 
DF
4 ペア・メルテザッカー 6
落ち着いたビルドアップで貢献した。終盤の85分にフリーでヘディングシュートを放つも、この決勝点のチャンスを決めきれなかった。
 
6 ローラン・コシエルニー 5.5(46分OUT)
カンテに対しての不用意な飛び込みから背後を突かれ、結果として先制点をとなるPKの献上に繋がった。前半に負傷して交代を強いられるなど、良い印象は残せなかった。
 
24 エクトル・ベジェリン 6
再三オーバーラップを繰り返すも運動量は落ちることなく、チームの猛攻をサポート。クロスボールの精度も良く、同点弾の起点となった。
 
18 ナチョ・モンレアル 6
厳しいチェックで対面したマハレズに仕事をさせなかったものの、そのフォアチェックが災いして、44分にヴァーディーを倒してPKを献上。もっとも、それ以外は攻守両面で良いプレーを披露した。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ