• トップ
  • ニュース一覧
  • 【選手権・埼玉予選展望】優勝争いは昌平、武南、正智深谷、西武台が中心。実力校同士がつぶし合う組み合わせを制するのはどこか

【選手権・埼玉予選展望】優勝争いは昌平、武南、正智深谷、西武台が中心。実力校同士がつぶし合う組み合わせを制するのはどこか

カテゴリ:高校・ユース・その他

河野 正

2023年10月06日

今年も注目のダークホースがずらり

昌平のMF土谷(写真)は百戦錬磨。チームを力強く牽引する。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨年まで4年連続8強の細田学園は、S2Aリーグで首位を独走する勢いを持ち込み、初のベスト4進出なるかに注目したい。予選準優勝で関東高校大会に初出場した埼玉平成は、主将のCB清水聖那とアンカー三木響介(ともに3年)の高い守備力で、まずは8強を目ざす。

 新人大会準優勝の武蔵越生は、MF佐藤祥太(3年)が質の高いパスを出し、関東大会予選4強の浦和東は忠実な守りと根気強さが身上。S2Bリーグ暫定首位の立教新座は、FW伊藤廉希(3年)が高い決定力を誇り、同リーグ暫定2位の国際学院の田口凪琉(3年)もスキのないFWだ。高校総体予選8強の狭山ヶ丘は、梅原翔和と権田智紀(ともに3年)の両MFがめっぽう速い。
 
 前回揃ってベスト4の浦和学院と埼玉栄はS1リーグで苦戦中だが、力のあるチームだけに集大成の大会に照準を合わせてくるはずだ。

文●河野 正

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

【画像】帝京、国見、鹿実、市船、清水商… 編集部が選ぶ“強豪校・歴代ベストイレブン”!
【関連記事】
「選手たちは動じなかった」戦国・埼玉を制して26年ぶり“3冠”を達成した武南の指揮官がチームの進化を実感!「去年までとは違う」【総体予選】
浦和レッズでプロになった“早熟の天才”。28歳で現役を引退してからクラブ代表として辣腕を振るうまで
浦和レッズひと筋の男、山田暢久が引退後に歩んだ紆余曲折。現在は熱き指導者として奮戦中「進路も一緒に考えないといけない」
「未練がましいだけですよ」44歳にして現役を続ける“浦和レッズの元9番”永井雄一郎は爽やかに笑った「もっと巧くなりたい欲がある」
憧れた小野伸二、新卒開幕戦デビュー、24歳での引退、脱サラ…元浦和レッズ戦士、池田“ロボ”学が歩んだ波乱万丈の半生

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ