• トップ
  • ニュース一覧
  • 「優勝に向けて落とせない」町田MF下田北斗が古巣の甲府戦に意気込み! 元同僚で新人時代の伊東純也を回想「変わらないと思うけど...」

「優勝に向けて落とせない」町田MF下田北斗が古巣の甲府戦に意気込み! 元同僚で新人時代の伊東純也を回想「変わらないと思うけど...」

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年10月06日

山本や石原、土屋ら、ベテランからプロの姿勢を学んだ

甲府でプロキャリアをスタート。2年目には新人時代の伊東ともプレーした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――“プロの洗礼”は浴びましたか?

 当時の甲府にはベテランの選手が、たくさんいました。今も現役の山本英臣さん、石原克哉さん、土屋征夫さん。35歳とか、さらに年上の選手たちです。そういった選手から、サッカーに対する向き合い方を学び、当然、ピッチ上でも上手でした。衝撃、刺激をたくさん受けましたね。

――2年目は、伊東純也選手ともチームメイトでした。

 純也は、僕の1個下で入ってきた。その時から、今も多分変わらないと思うのですけど、飄々としていて。自分ができることを、ちゃんと理解して、そこに対しての絶対的な自信がある。天狗になっている感じではないものの、自分への自信は、すごくあったという印象です。プレーする時には、足が速いので、パスを出しやすかったです。

――甲府での2年間で得たものを教えてください。

 プロとしての基礎、サッカー選手はこうあるべき、というか。たくさんの経験をしてきた選手がいっぱいいたので、そういった方々から学ぶものはたくさんありましたし、僕の基礎を作っていただいたという感じですね。
 
――甲府のファン・サポーターへの思いを教えてください。

 0-1で敗れた11節のアウェーでの試合でも、甲府のゴール裏に挨拶に行った時に、温かい拍手や言葉をいただきました。僕自身も、感謝の気持ちを伝えられました。今度の試合でも、まだまだやれるというか、甲府を離れても、成長できている姿を見せたいです。

――クラブを離れて時間が経っていますが、今でもゴール裏に行かれるのですね。

 試合展開などで、行ける時と行けない時もありますね。僕たちが勝っていたりすると、行きづらい時もあります。行ける時には行きたいというか、僕たちのチームの都合もありますし、相手の状況もあるという感じですね。
 
【関連記事】
「試合で躍動する姿を見て化け物だと」太田宏介が引退会見の席で明かした「日本代表でコイツ上手いと思った選手」は?
最悪なのは裸の王様状態。黒田剛がそれに気づくうえで重要だった青森山田時代「雑草抜きまでやってきた」
「“東京の第3のチーム”以上の野心がある」町田の快進撃にブラジル大手も驚き!「あまり注目されなかったクラブだが...」
似て非なるチャレンジとギャンブル。J2町田の黒田監督が語気を強めて指導。首位ターンも慢心なし。さらなる伸びしろも感じさせたワンシーン
J2関東開催で史上最多入場者数3万8402人! 町田の広報部長が明かした国立開催の“舞台裏”「総じてポジティブで...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ