【リーガ|冬のマーケット総まとめ】移籍金総額は30億円弱。2強が黙れば市場での存在感はプレミア勢の足元にも及ばない

カテゴリ:連載・コラム

豊福晋

2016年02月04日

獲得リスクの高い冬の市場に高額を投じる金銭的余裕は…。

有力クラブが比較的おとなしい冬を過ごすなか、注目を浴びたのが最下位に沈むレバンテ。イタリア代表FWロッシをはじめ5人の即戦力を獲得し、大幅な戦力アップを実現した。(C)Getty Images

画像を見る

 もっとも積極的に市場を駆け回ったのは、最下位に沈むレバンテ。クラブ史上最高額となる320万ユーロ(約4億4800万円)をコロンビア出身の有望株マウリシオ・クエロに支払った事実からも、クラブの残留に向けた意気込みがうかがえる。話題を呼んだジュゼッペ・ロッシのレンタルでの獲得もその一貫だ。

 セビージャとグラナダは移籍期限の直前に脚光を浴びた。十分にフィットしていなかったチーロ・インモービレをすでにトリノに貸し出していた前者は、フェデリコ・ファシオをトッテナムからレンタルで呼び戻し、後者は最終日にバルサ出身のイサアク・クエンカを迎え入れた。

 獲得に際してもっとも高い値が付いたのは、クローディオ・ボービュ。750万ユーロ(約11億円)でセルタがリヨンから獲得した。売却額では、先述のジャクソンの4200万ユーロ(約59億円)が最高額を記録した。

 全体的な傾向として、今シーズンはレンタルでの獲得が目立った。バルサからインテルに貸し出されていたマルティン・モントーヤ(ベティスへ)やロッシ、シケイラ、チェリシェフ、ファシオ、ヨシプ・ラドシェビッチ(リエカ→ナポリ→エイバル)など、即戦力として招かれた選手はいずれもレンタル。獲得リスクの比較的高い冬の市場に高額を投じる金銭的余裕は、中小クラブはもちろん、有力クラブにもないのだ。ちなみに今冬のマーケットでストーク・シティがジアネリ・インブラの獲得に支払ったのは、1830万ポンド(約2300万ユーロ=約32億円)。リーガ全体の今冬の補強総額を軽く上回る。

 2強が動かなければ、移籍市場での存在感はプレミア勢の足元にも及ばない。リーガのそうした現実が浮き彫りになったマーケットだった。

文:豊福晋

【著者プロフィール】
豊福晋/1979年、福岡県生まれ。2001年のミラノ留学を経て、フリーで取材・執筆活動を開始。イタリア、スコットランドと拠点を移し、09年夏からはスペインのバルセロナに在住。リーガ・エスパニョーラを中心に、4か国語を操る語学力を活かして欧州フットボールシーンを幅広く、ディープに掘り下げている。独自の視点から紡ぐ、軽妙でいて深みのある筆致に定評がある。
【関連記事】
【プレミアリーグ|冬のマーケット総まとめ】発展著しいストークが再び大金投下。一方でビッグクラブは「静か」だった
【バルサ番記者】動きなしだった冬の移籍市場。それでも世界王者は効果的な“補強”を実現した
現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「本当の正念場はこれからだ」
本田が先制点の起点に! パレルモから2ゴールを奪ったミランが2連勝を飾る
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「活躍とは裏腹に、ミハイロビッチとの関係は冷めきったまま。“舌戦”はこれからも……」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ