現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「本当の正念場はこれからだ」

カテゴリ:連載・コラム

ラインハルト・レーベルク

2016年02月04日

調子の上がらない「M&M」

いまだ前半戦のキレを取り戻せていない武藤。プレミア方面から強い引きがあった今冬の移籍話が影響を与えているのか――。(C)Getty Images

画像を見る

 ウインターブレイク明けの2試合で、前半戦の躍進の立役者だったユヌス・マッリと武藤嘉紀のコンビは、さしたる活躍を果たせなかった。論理的な成り行きなのか、それとも単にコンディションの問題なのか。

 この冬、チャンスメーカーのマッリにはドルトムントから高額のオファーが届いていた。もし移籍していたら年俸は現在のおよそ3倍となり、マインツには1300~1400万ユーロ(約18億2000万~19億6000万円)の大金が転がり込んでいた。そのほかにもトッテナムが獲得に本腰を入れ、ドルトムントを凌ぐサラリーを用意していたという。

 それでもマッリはイングランド行きを拒否し、恩師トーマス・トゥヘルが率いるドルトムントへの移籍を望んだ。この時期の放出にストップをかけたのが、ゼネラルマネジャー(GM)のクリスティアン・ハイデル。話し合いの結果、とりあえずは今シーズン終了まで残留することが決まり、違約金は950万ユーロ(約13億3000万円)に設定された。

 武藤の場合はもっと早い、前半戦が終わってすぐのタイミングで、クラブ側は移籍禁止のスタンスを明確にした。この冬での獲得に2000~2500万ユーロ(約28億~35億円)を費やす用意があったイングランドのクラブは3つ。前半戦で7得点を挙げ、マインツ・サポーターのお気に入りのひとりとなった武藤に、イングランド行きの願いがあったかどうかは定かでない。オファーの額が額なだけに、マインツの首脳陣もさすがに放出について多少は考えただろうが、真剣に議論するマターではなかった。

 このクラブは堅実な育成型クラブであって、瞬間湯沸かし器ではない。昨夏の移籍市場での選手の売買で3500万ユーロ(約49億円)の利益を得ており、財政的には安定している。加えて、前半戦で稼いだ勝点26に、マルティン・シュミット監督もハイデルGMも満足していないと言われる。2010-11シーズン、同じく前半戦で勝点26を挙げたフランクフルトが、結果的に降格の憂き目に遭った。これはマインツにとってのひとつの警鐘で、安閑とはしていられないのだ。
【関連記事】
【バルサ番記者】動きなしだった冬の移籍市場。それでも世界王者は効果的な“補強”を実現した
本田が先制点の起点に! パレルモから2ゴールを奪ったミランが2連勝を飾る
【冬のメルカート最終日】プレミアリーグで決定した主な移籍|ストークがクラブ史上最高額でインブラを補強! ニューカッスルはドゥンビア、エバートンはニマスで前線強化!
【戦術アナリストが大予測】「ペップ・シティ」はこうなる! 理想の新戦力はピケ、アラバ、ギュンドアンだ!
【旧知の記者が激白】ペップはなぜシティを選び、なぜ3年契約だったのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ