【韓国戦・プレビュー最新版】34戦無敗の相手にどう立ち向かうか。序盤戦の攻防が鍵になる

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月30日

4-3-3の韓国に対し、ボランチ3枚で対応する可能性も。

準決勝で出場機会のなかった悔しさを決勝の舞台にぶつけたい岩波。昨年のアジア大会のリベンジも果たしたい。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

決勝前日の練習に取り組む選手たち。スタメンにはいかなる顔ぶれが並ぶのだろうか。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ただ、一方で「俺の直感でやります」「昨日くらいからは描けてきた」という指揮官の言葉を聞いていると、なにか驚くような韓国対策を打ってくるような気もしてならない。
 
 4-3-3を敷くであろう韓国ではインサイドハーフを務める7番のムン・チャンジン、8番のイ・チャンミン、両ウイングの10番のリュ・スンウ、22番のクォン・チャンフンが頻繁にポジションを入れ替え、パスを回しながら攻撃を仕掛けてくる。
 
 となると、中盤の守備力向上へ三竿、井手口を先発起用するか、アンカーを置く4-3-3を採用する可能性もあるだろう。中盤を3枚にした場合は遠藤、原川、大島を同時起用できるメリットもある。
 
 韓国は現在34戦無敗中と、結果を残し続けており、今予選ではどの試合でも先制点を奪い勝利してきた。ただ、今予選、常に先手を取ってきたのは日本も同じ。となれば、まずは序盤戦の攻防がひとつのキーと言えるだろう。
 
 果たして若き日本代表は五輪出場を心から喜んで日本へと戻れるのか、それともアジア最大のライバルに苦汁をなめさせられ、悔しさを抱えながら帰国の途に就くのか。
 
「勝つか負けるかでは大きく違う」(手倉森監督)決勝戦は日本時間30日の23時45分にキックオフされる。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【韓国戦・スタメン予想】経験よりも“勝ちに行く”メンバー構成か。柔軟さを持つ韓国への対処法が鍵に
【韓国メディアの視点】最も警戒するのは久保裕也! 日本の戦いぶりに賛辞が並ぶ一方で弱点の指摘も
【リオ五輪予選】手倉森監督は戦闘モードへ「勝つか負けるかで祝賀ムードは一変する」
【セルジオ越後の天国と地獄】予選突破は評価できるけど、すぐにA代表に吸い上げられそうな選手はいないね
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ