【韓国戦・スタメン予想】経験よりも“勝ちに行く”メンバー構成か。柔軟さを持つ韓国への対処法が鍵に

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月29日

勝ち上がりとともに増加する負傷者の影響が心配。

決勝の韓国戦の予想フォーメーション。2トップは久保とオナイウのコンビになりそうだ。

画像を見る

 初戦の北朝鮮戦から17日目、激闘を繰り広げてきたリオ五輪最終予選も1月30日(土)17時45分(日本時間23時45分)の決勝戦でフィナーレを迎えようとしている。対戦カードは日本対韓国。“アジアで勝てない”と囁かれてきた若き日本代表がいよいよチャンピオンの座を懸け、最後の決戦へと挑む。
 
 ただ準決勝でのイラク戦を制し、五輪出場を決めた日本には小さくない不安が付きまとう。試合前々日のトレーニングでは、左太腿に違和感を覚えた鈴木が姿を見せず、豊川と亀川も別メニュー。南野はすでにクラブからの要請でチームを離れた。さらにイラク戦に強行出場した遠藤は「(痛みのあった足の付け根は)試合後にしては良い状態です」と練習後に語ったが、まだ万全ではない。
 
 現状を鑑みれば、最大のミッションであった五輪の出場権は勝ち取ったわけで、出場機会の少ない選手に経験を積ませるような起用法もアリだろう。
 
 しかし、指揮官が口にするのは「とにかくアジアの1位になりたい」という力強い言葉。一昨年のアジア大会で敗れた韓国にリベンジを果たす意味でも、予想できるのはこれまでの良い流れを汲めるメンバー構成だ。
 
 現時点ではGKには好セーブを連発する櫛引、CBにはイラク戦でスタメンを外れエネルギーが漲っている岩波と植田、左SBは山中、右は消耗度が激しいが安定感は抜群の室屋。ボランチはやはり大黒柱の遠藤を先発させ、一昨年のアジア大会ではPKを献上し韓国戦へのリベンジに燃える大島。2列目は南野が離脱し、豊川のコンディションが微妙であることを考えれば、中島と矢島が濃厚だ。そして2トップは久保とオナイウという組み合わせが考えられるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ