【韓国戦・プレビュー最新版】34戦無敗の相手にどう立ち向かうか。序盤戦の攻防が鍵になる

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月30日

前日練習でフルメニューをこなした遠藤は復調をアピール。

韓国戦の予想フォーメーション。「5戦目までのシミュレーションはしていたが、6戦目は頭になかった」という手倉森監督。決勝ではどんな手を打ってくるだろうか。

画像を見る

「オリンピック出場を決め、日本では祝賀ムードだが、勝つか負けるかでそれは一変する」
 
 韓国との決勝戦を翌日に控えた記者会見で、手倉森監督は力強くそう言い放った。2012年のロンドンオリンピックでは日本はベスト4と躍進したが、3位決定戦で韓国に敗れ、喜びは大きく削がれた。指揮官はあの落胆が再現されることを危惧している。
 
 だからこそ、一昨年のアジア大会でのリベンジを果たす意味でも「負けられない戦い」(手倉森監督)と位置付けているのだろう。
 
 決勝戦へ向け、まず確定しているのは「FWの鈴木武蔵は怪我で出られない」(手倉森監督)こと。またGKは今予選唯一ピッチに立っていない牲川を起用するのではとの憶測が飛び交ったが、「強いチームにはGKの正しい序列が必要だと思っている。自分のなかでは櫛引が一番手、(杉本)大地が二番手、そして三番手は牲川。その序列に対して決勝で三番手とはいかない。そういう話はGKコーチともしているし、牲川も理解している」(手倉森監督)と、守護神はこれまで通り、櫛引が務めることになりそうだ。
 
 また、準決勝のイラン戦では岩波ではなく植田と奈良をCBで起用した点を尋ねられると、「今は3人で高め合っている。もちろん決勝は岩波で行くつもりです」と指揮官が答えたことから、岩波の先発も固い。
 
 イラク戦に強行出場した遠藤は前日練習ではフルメニューをこなし、復調をアピール。その遠藤の相棒には準決勝の勝利の立役者となった原川がいるが、一昨年のアジア大会でPKを献上し、韓国に敗れた過去を持つ大島の想いを汲むことが考えられる。
 
 そうすれば、GK櫛引、最終ラインは左から山中、岩波、植田、室屋、ボランチに遠藤と大島、中盤2列目に中島、矢島、2トップに久保、オナイウというメンバーが導き出される。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ