【韓国メディアの視点】最も警戒するのは久保裕也! 日本の戦いぶりに賛辞が並ぶ一方で弱点の指摘も

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2016年01月29日

互いに“最弱”のレッテルを貼られていた「似た者同士の決勝戦」。

韓国メディアから最も警戒される久保。五輪出場を決めたイラク戦後から優勝への意欲を誰よりも見せていただけに、爆発が期待される。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ともにリオデジャネイロ五輪出場権を獲得したなかで、U-23アジア選手権の決勝を戦うことになった日本と韓国。最大の目標を達成し、勝敗は大きな意味を持たないかもしれないが、“宿命のライバル対決”だけにそうはいかない。韓国メディアも“運命と覚悟の韓日戦”と位置づけ、連日のようにその展望記事を掲載している。
 
 例えば『スポーツQ』は、「低評価された韓国と日本の“陰の世代”」と題し、今大会に臨んだ両チームがともに期待薄だったことを伝えている。スター不在で“最弱世代”と言われた手倉森ジャパンだが、シン・テヨン監督率いる韓国も過去との比較から“史上最弱の五輪代表”“コルチャギ(谷間)世代”などと言われていた。そんなこともあって、『スポーツ・ソウル』紙は「似たもの同士の決勝戦」と報じている。
 
 ただ、両国のスタイルは異なると見る。
 
「攻撃の韓国vs守りの日本、槍と盾の対決」と展望するのは通信社『聯合ニュース』だ。4-1-4-1、4-2-3-1、4-4-2などを使い分けて攻撃サッカーを展開する韓国のシン・テヨン監督に対し、日本の手倉森監督は守備的MFを2枚配置する守備的戦術だと分析。
 
 日本が喫した2失点がPKとCKからだったことから「4バックの組織力が強く、フィールドプレーから一度も失点していない。鈴木武蔵は出場が微妙で久保もベストコンディションではないことを考慮すると、いつもよりさらに守備を厚く逆襲を狙う戦術で臨んでくる可能性が高い」と見ている。
 
 シン・テヨン監督も韓国メディアとのインタビューで、「今大会の日本は守るサッカーをしながらカウンターアタックをしてくる」と語っており、『スポーツ朝鮮』も「日本の五輪号、これまでの日本サッカーの色合いとは違う」という分析をしている。
 
「日本サッカーの象徴はきめ細かなパスゲームだった。しかし、今回は違う。占有率よりも、いかに素早く前線にボールを運べるかに焦点を合わせている。精密さは落ちるが、スピードは速い」(『スポーツ朝鮮』)
 
 また、『イルガン・スポーツ』は「得点ルート、集中力、ミドルと3拍子が揃った日本」と分析している。その内容を要約すると、次のようなものだ。
 
「韓国と同じ12得点でも決めたのは9名(韓国は5名)。つまり、攻撃ルートが多様で全員が得点できる」
「12得点中6得点が後半30分以降に決まったもので集中力が切れない」
「実力差があったタイ戦での4得点を除けば半分以上の得点がミドルシュート」
 
 ネットメディア『OSEN』は、「攻撃と守備のバランスは大会参加国中最高だ」とも評している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ