• トップ
  • ニュース一覧
  • 【リオ五輪予選】パターンは残り8つ!? リオへの鍵を握る“手倉森ジャパン”のセットプレー

【リオ五輪予選】パターンは残り8つ!? リオへの鍵を握る“手倉森ジャパン”のセットプレー

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月15日

右のキッカーは気になるところ。

北朝鮮戦で途中出場した原川(7番)も、有力なキッカーのひとりだ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 また、キッカーを誰が務めるのかも気になる。左はチームで唯一のレフティである山中で決まりだが、右は大島、南野、矢島、原川が揃う。この点はレギュラー争いにも影響しそうで、ボランチの大島と原川、中盤2列目の南野と矢島と、チーム内のライバル関係にも密接につながっている。

 それぞれのキックの調子が手倉森監督の先発選びの大きな基準になる可能性もある。

 加えて、ターゲットマンとなる岩波、植田の決める切る力も重要になるだろう。北朝鮮戦では植田に“当たり”が出たが、「本番に強いタイプ」と自らを評する岩波のここぞという決定力にも期待できる。

 北朝鮮に続きタイ戦でもセットプレーからゴールを奪い、勝利を収められれば、まさにチームの“必勝パターン”と言うことができるだろう。得意の形をより確立させるために、2戦連続でのゴールを目指す。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【リオ五輪予選】北朝鮮にリベンジを果たすも…南野拓実が抱えた“シコリ”
【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる
【J1・J2移籍動向】C大阪が助っ人を総入れ替え。FWの補強は6人目に
【FC東京/新体制】2016シーズンのスローガンは「頂戦」。明らかになった城福監督が掲げる“新スタイル”とは?
【香川真司】スランプに喘いだ昨季からなぜ復活できたのか。本人が語る「アジアカップ後の“変化”」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ