• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本は“また”完勝...」韓国メディアが日韓の6月シリーズ2連戦を比較!「チームの完成度に差があった」と嘆き節

「日本は“また”完勝...」韓国メディアが日韓の6月シリーズ2連戦を比較!「チームの完成度に差があった」と嘆き節

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2023年06月21日

1G1Aの三笘を最も評価

1ゴール・1アシストと躍動した三笘。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 そんな韓国メディアが、日本の選手のなかで高く評価したのが三笘薫だ。1ゴール・1アシストの活躍を見せた三笘に対し、ネットメディア『エックス・スポーツニュース』は、「2022-23シーズンのプレミアリーグのブライトン突風の中心に立った三笘は、今回のゴールで代表通算17試合7得点目を記録し、森保号の核心ウインガーであることを印象付けた」と大絶賛。スポーツ紙『スポーツ朝鮮』も「三笘が1G1Aで最も輝いた」と称賛を惜しまなかった。

 一方、今年2月から韓国を率いるユルゲン・クリンスマン監督は、就任後2分2敗と、いまだ白星を挙げられていない。
 
 スポーツ紙『スポーツソウル』によると、クリンスマン監督はエルサルバドル戦後の記者会見で「結果を得られず残念だ。セットプレーでの失点に腹が立つ。我々は4ゴール以上得点するチャンスがあっただけに残念だ」と憤りを語ったというが、そんな指揮官に対し、経済紙『ファイナンシャルニュース』は采配面への疑問をこう伝えていた。

「クリンスマンが追求するサッカーが何なのか、まったく明らかになっていない。クリンスマン就任当時、ファンが心配していた“無彩色サッカー”の典型が表れている。もしクリンスマン号が今後の国際Aマッチでも発展する姿を見せられなければ、サッカーファンの批判はより激しくなるだろう」

 6月のAマッチ2連戦を対照的な結果で終えた日韓両国。次回9月の代表期間はともに欧州遠征に発ち、日本はドイツ代表、韓国はウェールズ代表と対戦する予定だが、そこではどんな戦いぶりを見せてくれるだろうか。

構成●ピッチコミュニケーションズ

参照記事:4戦未勝利にクリンスマンも「腹が立つ」と笑顔消える…“決定力不足”露呈のFWに送った助言とは【一問一答】

【PHOTO】日本代表のペルー戦出場17選手&監督の採点・寸評。3人が「7.5点」の最高点、MOMは1ゴール・1アシストの7番

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に集結した日本代表サポーターを特集!

「衝撃を受けた。彼は凄まじい」ペルーメディアの関係者が驚嘆した日本代表戦士は? 森保Jの選手層には脱帽「久保と堂安が途中から出て来るなんて」
【関連記事】
「衝撃を受けた。彼は凄まじい」ペルーメディアの関係者が驚嘆した日本代表戦士は? 森保Jの選手層には脱帽「久保と堂安が途中から出て来るなんて」
「日本とは大違いだ!」エルサルバドル戦で痛恨ドローの韓国代表を母国メディアが辛辣批評!「彼らは個人技に頼らない」
【日本4-1ペルー|採点&寸評】南米の難敵を圧倒して4発快勝!3人が「7.5点」の最高点、MOMは…
「僕らだったら、違う展開になっていた」久保建英が“フィーリングが合う”2選手とは?「最初から入っていたら...」
「動かさないでほしい」遠藤航の判断を森保監督は支持。類まれなキャプテンシーに厚い信頼「どっしりと構えて好影響を与えてくれた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ