【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.8 イニエスタ、ドグラス、L・エンリケ

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2015年12月07日

ドグラス「心優しきシャイないじられ屋」

バルサではベレッチ、D・アウベスの系譜に連なるブラジル人攻撃的右SBのドグラス。ただ、クオリティー不足に怪我も重なり、入団2年目の今シーズンも出場機会に恵まれていない。(C)Getty Images

画像を見る

DOUGLAS
ドグラス

背番号2/DF/ブラジル国籍/1990年8月6日生まれ/171センチ・67キロ
 
 ドグラスの人となりについては、まだバルセロナでもほとんど知られていない。入団2年目の今シーズンも出場機会が限られているうえ、そして何よりもあまりにシャイな性格だからだ。
 
「よくその性格で結婚できたな」とチームメイトにからかわれるほど、大人しい恥ずかしがり屋。バルサでいえばダニエル・アウベスやネイマールのようなサンバ好きな明るいブラジル人とは一線を画し、アドリアーノに近い物静かな性格と言える。
 
 キリスト教への信心が深く、真面目で優しい父親でもある。たまに『インスタグラム』に投稿しても、そのほとんどが妻と息子の写真ばかりだ。
 
 そんなドグラスをチーム関係者は、口を揃えて「本当にいい奴」、「チームワークを大切にするタイプ」と表現する。困っているチームメイトがいれば、それがどんな些細なことでも助けようとする優しさに溢れているという。
 
 ロッカールームでは、言わずと知れたブラジル人グループ(D・アウベス、アドリアーノ、ネイマール、ラフィーニャ)の中に属しているが、シャイな性格ゆえ常にいじられ役。それでもどんなに冗談を飛ばされようが、常に静かに笑って流し、決して嫌な顔をしない。ブラジル人グループのみならず、チームの誰からも愛される所以だ。
 
 バルサ入団以降は故障に泣かされているが、ドグラスがピッチで躍動する日をクラブ関係者の誰もが待ち望んでいる。
 

シャイなドグラス(中央)はバルサのブラジル人グループで常にいじられ役。どんなにからかわれても笑顔を絶やさない。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ