• トップ
  • ニュース一覧
  • 元J1指揮官、元JFA技術委員長、元W杯戦士…。多士済々の監督がしのぎを削るJ3新シーズンに要注目!ビッグネームが集まる理由は?

元J1指揮官、元JFA技術委員長、元W杯戦士…。多士済々の監督がしのぎを削るJ3新シーズンに要注目!ビッグネームが集まる理由は?

カテゴリ:Jリーグ

元川悦子

2023年01月15日

「ゼロから自分の色を出しながらチーム作りができる」

今季から松本で指揮を執る霜田監督。「J3に多士済々が集まるようになったのも、リーグ30年の成果の1つ」と強調した。写真:元川悦子

画像を見る

 中山、戸田、いわてグルージャ盛岡の松原良香といった知名度のある指揮官たちがあえて同カテゴリーからスタートしようと思うのも、「ゼロから自分の色を出しながらチーム作りができる」というメリットがあるからだろう。野心ある指導者が個性ある多種多彩なサッカーを構築し、魅力的な戦いを見せてくれれば、J3は盛り上がるし、Jリーグ自体も活性化する。

 2016年に当時J3の大分トリニータの監督に就任し、3年でJ1まで引き上げた片野坂知宏監督のようなサクセスストーリーも期待できる。片野坂監督は2018年にJ1優秀監督賞を受賞。2021年には天皇杯準優勝まで達成している。

 2022年のガンバ大阪では、途中解任の憂き目に遭ったが、現在は第2次森保ジャパンのコーチ就任も噂されるほどの存在になっている。そういった成功ロードを歩みたいと考える指揮官も皆無ではないだろう。
 
 とはいえ、このリーグで勝てなければ、指導者としての成功が遠のくリスクも否定できない。特にW杯レジェンドの中山、戸田の両監督はここから最高峰リーグに駆け上がりたいという思いもあるはず。W杯経験者の指導者がJの舞台で成功した例がまだ少ないだけに、彼らには目覚ましい成果を残し、近い将来には代表を担ってほしいと願う人々も少なくない。そういった人々の期待に応えられるのか。そこは注視していくべきだ。

 ただ、予算規模ではJ2上位同等だった松本が足踏み状態を強いられ、J2から降格した相模原や愛媛、ギラヴァンツ北九州が下位に沈み、逆にJFLから昇格したばかりのいわきFCがJ3優勝・J2昇格を果たした昨季を見ても、このリーグは本当に一筋縄ではいかない。

 先読みの難しいJ3をリードするのは一体、どの監督なのか。3月4日、5日の開幕が今から待ち遠しい限りだ。

取材・文●元川悦子(フリーライター)

【PHOTO】際立つデザインがずらり! Jクラブの2023年シーズン新ユニホームギャラリー

【布陣図】2023年シーズン J1全18クラブのポジション別最新序列

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
新生・相模原が戸田和幸新監督と積み上げる新たな歴史。一新したチームで既存選手が受け継いでいくべき“諦め悪い姿勢”
「クボは退場になるべきではないのか」躍動した久保建英はイエロー2枚でレッドだった? スペイン紙が指摘した行為とは?「ルールでは…」
「ミトマは群を抜いている」リバプールを相手に躍動した三笘薫を元プレミア戦士が絶賛!「最も目立っていた」
中村俊輔が期待している若手3人。久保建英のほか、1人は「会ったことがない」、もう1人は「ハードワークできてセンスもある」
「お別れは寂しいけど…」清水に移籍した高橋祐治の元アイドル妻・高城亜樹が新天地への思い綴る。仲睦まじい家族ショットも

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ