• トップ
  • ニュース一覧
  • 新生・相模原が戸田和幸新監督と積み上げる新たな歴史。一新したチームで既存選手が受け継いでいくべき“諦め悪い姿勢”

新生・相模原が戸田和幸新監督と積み上げる新たな歴史。一新したチームで既存選手が受け継いでいくべき“諦め悪い姿勢”

カテゴリ:Jリーグ

舞野隼大

2023年01月14日

新指揮官は始動前のミーティングで選手に熱意を示す

1月10日に始動日を迎えた相模原。初日の練習は基礎的なトレーニングが行なわれた。(C)SCS

画像を見る

 J3のSC相模原は今季から戸田和幸監督が就任しただけでなく、コーチングスタッフも一新した。大宮アルディージャの松本拓也GKコーチや湘南ベルマーレの高橋健二コーチらが入閣。選手は24名が退団し、新たに21人が加わった。まるで学校の入学式のような、ほぼ全員が初対面の初々しい雰囲気で新生・相模原は1月10日に新しいスタートを切った。

 所属選手は35歳のGK竹重安希彦を除けば、全員が26歳以下。その内9名が大卒ルーキーという、かなりフレッシュな体制だ。

 戸田監督が選手たちと実際に顔を合わせたのは、練習前のミーティング。「彼らがどんな表情をしていて、それを見て自分がどう感じるのかと思ったのですが、すごく真っ直ぐな目をしていて、やる気にさせてもらいました」と、監督自身が希望に溢れた選手たちから大きなエネルギーを受け取った。

「ある意味、そこが僕の今日一番重要な仕事だと思っていた」と指揮官が話していた始動日のミーティングでは、なぜこのクラブに集まることになり、どこへ向かうのかを改めて確認。「そこに力強く向かってほしい、成長して発展をして、突き抜けるところまでみんなで行こう」と熱を込めて伝えた。
 
 桐蔭横浜大から加入した左部開斗は「心打たれる部分があり、『ついていきたい』と思いました」と語り、その熱量は選手にしっかりと届いたようだ。

 グラウンドは戸田相模原の船出を“歓迎”するかのように、かなりの風が吹き荒れていた。「ボールの動きがブレて、声が届かなかったりと、アゲインストな天候」(戸田監督)だったが、選手たちはモチベーションを一層高め、初日の練習に臨んだ。

 選手同士が顔と名前を覚えるためのレクリエーション的なメニューから始まり、パス交換の際には監督自らボールの置き方や受ける前の準備、顔の上げ方などを選手たちに伝えていた。基礎的なトレーニングからスタートし、3月の開幕戦へ向けて計画的に準備を進めていく。
 
【関連記事】
「いつか日本代表監督に!」戸田和幸のSC相模原就任会見コメントが話題沸騰!「本当に言語化が上手い」
新加入選手のまさかの行動にファン拍手!「高揚感を与えたい」と意気込む戸田和幸新監督のもと、J3相模原が始動
「一線を越えた。謝罪すべきだ」ホン・ミョンボ監督の“最悪の日本人・嘘つき”発言を韓国メディアが糾弾!猛批判された天野純には賛辞「品格を守った」「アマノの勝利だ」
森保監督はなぜ一度も起用しなかった柴崎岳をカタールW杯に招集したのか。「なぜ使わないのかストレートに話した」
「かなりフィジカルだけど…」Kリーグ経験者の家長昭博が明かす“日韓の違い”。「韓国の方が秀でている」テクニックとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ