西川が絶好調、金崎は不発に… 日本代表メンバーの直近のパフォーマンスは?|国内組編

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月08日

優勝、CS進出を懸けた戦いで明暗。

藤春は広島との大一番でミキッチとマッチアップ。守備に比重をかけたプレーで、攻撃面ではいまひとつの内容だった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

DF
槙野智章(浦和)
対 川崎(△1-1/@埼玉)
採点:5(先発フル出場)
 
相手のウィークポイントを突いて突破を図り、惜しいミドルも放つなど攻撃面では厚みを加えていたのは確か。しかし、ボールに食い付いてかわされた、44分の失点シーンの森谷への対応は痛恨のミスだった。この日の浦和は前半からエンジン全開で快調なペースで飛ばしていただけに、前半終了直前の悔やまれるワンプレーとなってしまった。
 
DF
森重真人(FC東京)
対 柏(○1-0/@柏)
採点:6.5(先発フル出場)
 
前節の浦和戦では4失点を喫していただけに、きっちりと修正を施し無失点に貢献。背後のスペースケアにも抜かりなく、細心の注意を払ったカバーリングでパートナーの丸山と堅守を築いた。また決勝点となるPKも決めて、今季の必勝パターンである「ウノ・ゼロ」ゲームを攻守両面で演出した。
 
DF
丸山祐市(FC東京)
対 柏(○1-0/@柏)
採点:6.5(先発フル出場)
 
森重とともに堅実なラインコントロールを見せ、無失点勝利に貢献。とりわけ空中戦では存在感を発揮し、ほとんどの局面で競り勝った。前節の浦和戦ではズラタンのパワーに押し込まれたが、この日は対人プレーでの強さを見せつけ、代表メンバー選出による好影響を感じさせた。
 
DF
藤春廣輝(G大阪)
対 広島(●0-2/@万博)
採点:5(先発フル出場)
 
ミキッチの上がりを警戒するあまり、攻撃面で効果的に絡めていなかった。後半途中からようやく縦への推進力が見られ、高い位置で宇佐美、遠藤とのパス交換も見せたが、広島に脅威を与えるほどではなかった。一方守備では決定的な突破を許さず堅実さを見せていたが、終盤に広島の鋭いカウンターに付いていけず、同サイドの清水にゴールを許してしまった。
【関連記事】
【日本代表】右足を負傷したG大阪の東口に代わり、仙台の六反を追加招集
【セルジオ越後の天国と地獄】シンガポールに「リベンジ」って、ハリルは恥ずかしくないのかな。また引き分けたら今度こそ「解任」だよ
【日本代表/会見要旨・選手評編】サプライズ選出の金崎は「センタリングを有効利用できる選手」
【日本代表】11月シリーズを前に「全ポジション序列争い」をチェック! 新戦力の金崎や南野が風穴を開けるか
世代交代の意味――高齢化する日本代表に必要なのはオーウェン、ハメスのような新星か、さらなる成熟度か?
【J1採点&寸評】2ndステージ・16節|全カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ