• トップ
  • ニュース一覧
  • 【カタールW杯|D組展望】前回王者フランスとデンマークの2強! 豪州&チュニジアは初戦で勝点1を得られれば…

【カタールW杯|D組展望】前回王者フランスとデンマークの2強! 豪州&チュニジアは初戦で勝点1を得られれば…

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2022年11月03日

19歳の新鋭に注目

チュニジアの19歳の新鋭メジブリ。国の期待を背負うヤングタレントだ。(C)Getty Images

画像を見る

■チュニジア
(2大会連続6回目の出場)

 アフリカ予選ではタレント集団のマリを破って、2大会連続出場を決めた。現状、ワールドクラスのタレントはいない。それでも、ジャレル・カドリ監督が植え付けたチームの組織力はデンマークに勝るとも劣らないレベルで、攻守のビジョンが見事にハマった時のパフォーマンスは、2戦ともに無失点で勝利した6月の親善試合でも証明している。

 その反面、相手に気圧されて一度崩れた時の脆さは、退場者が出るなど、1-5で大敗したブラジル戦で垣間見られた。4-1-4-1がベースで、基本は司令塔エリス・スキリ(ケルン)を軸に、シンプルな展開から徹底したサイドアタックを仕掛ける。

 そして、19歳の新鋭ハンニバル・メジブリ(バーミンガム)が中盤に投入されると一転して、中央突破のベクトルが強まる。指揮官が「カルタゴの英雄」と同名のヤングタレントをいつ投入するかも注目だ。
 
■オーストラリア
(5大会連続6回目の出場)

 前回に引き続き、大陸間プレーオフを制してW杯の切符を掴んだ。異なるのは指揮官の交代なく、グレアム・アーノルド監督がそのまま本大会も率いること。ボールポゼッションを大事にするスタイルは継続しているが、オージーらしい勝負どころでの力強さは必要な時に発揮できる。

 アイディン・フルスティッチ(ヴェローナ)に頼りがちだった中盤だが、朗報は夏にセルティックを退団してから所属先が未定だったトム・ロギッチが、WBAに加入できたことだ。

 初戦がいきなり優勝候補のフランスとなるが、好勝負に持ち込んで勝点1でも奪い取れれば、グループステージ突破の可能性も見えてくる。
 
【関連記事】
【カタールW杯|A組展望】大本命オランダはセネガルとの初戦で敗戦のリスクも。初出場カタールはホームアドバンテージを活かせるか
【カタールW杯|B組展望】本命イングランドは組織力に不安が…。アメリカ、ウェールズ、イランにも突破のチャンスは十分にある!
【カタールW杯|C組展望】大本命はアルゼンチンも…“オール国内組”サウジが台風の目になるか!波乱の予感漂うグループに
「大迫はなんで入ってないんでしょうか」内田篤人の直球質問に森保監督の回答は?「議論に時間が…」
「三笘9かっこいいな」森保JのW杯戦士26人の背番号にファン興味津々!「堂安が8!?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ