• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】Vol.21 興梠慎三|あふれ出る恩師ミシャへの強い思い。5年ぶりのタッグ、来年はタイトルを取らせてあげたい

【バイタルエリアの仕事人】Vol.21 興梠慎三|あふれ出る恩師ミシャへの強い思い。5年ぶりのタッグ、来年はタイトルを取らせてあげたい

カテゴリ:連載・コラム

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年10月29日

良い監督なのにタイトルの数が少ないのがずっと気になっている

興梠が恩師と仰ぐミシャこと札幌のペトロヴィッチ監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 札幌の指揮官は、ミシャの愛称で知られる名将ペトロヴィッチ。2006年の来日以降、サンフレッチェ広島や浦和を率いて、18年に札幌の監督に就任した。3チームすべてで、攻撃的な個性際立つサッカーを展開してきた。

 興梠は、浦和に移籍した13年から17年の途中までペトロヴィッチ監督のもとでプレー。その間、すべての年で二桁得点をマークしている。

 5年ぶりの“共闘”となった仲。興梠は、指揮官をどのように見ているのか。

――◆――◆――

 正直、ミシャが札幌の監督でなかったら、移籍はしていないです。浦和で引退するという気持ちのほかに、移籍するならミシャのチームという思いがありました。

 僕がミシャの一番好きな点は、自分のサッカースタイルや哲学を変えないところ。対戦相手に合わせようともせず、相手についてのミーティングもあまりしない。「自分たちがやっていることをやれば絶対に勝てる」という考えです。
 
 たくさん学ばせてもらいましたが、中でも「攻撃が最大の武器」が僕にとっては大きかったです。鹿島から浦和に移籍した後にプレースタイルが変わりましたし、僕の技術の幅を広げてくれて、感謝しています。

 ミシャのサッカーをしていると、自分たちがボールを持つ時間が長くなり、相手陣内のペナルティエリアへの侵入回数も多いので、自分は決定力が大事だと思っていましたし、たくさん点を取れるようになりました。

 日本に来て17年目のミシャは、広島時代のJ2優勝と、浦和時代にルヴァンカップを取っていますが、少ない。あんなに良い監督なのに、タイトルの数が少ないのはずっと気になっていました。浦和の頃もチームメイトと「ミシャのためにタイトル」が合言葉でしたが、なかなか取らせてあげられなかった。

 札幌に来たので、ミシャにタイトルを取らせるチャンスが生まれました。J1も天皇杯もルヴァンカップも「優勝したい」というと、「そんなに簡単じゃないよ」と言われてしまいます。でも、タイトルを目ざさないとやっている意味がないと思います。チーム一丸でタイトルに挑みたいです。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|大事なのはいかに味方に“時間とスペース”を提供するか。オランダでの経験が活きている
【バイタルエリアの仕事人】Vol.19 上福元直人|プロデビューまでの4年間は控えGKだった“神”。ゴール前では味方との協力関係を重視
【バイタルエリアの仕事人】Vol.18 瀬川祐輔|ゴール前での心がけはリラックス「相手のほうが焦っている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ