【今だから言える15年夏の超極秘話④】なぜ、ユーベはドラクスラーを獲り逃がしたのか?

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年09月25日

ハムシク獲得はソリアーノの去就次第だった。

ナポリにとってハムシクは、いわゆる「非売品」ではなかった。実際にデ・アウレンティス会長はユーベと交渉していた。(C)Getty Images

画像を見る

 ハムシクについては移籍金2500万ユーロ(約35億円)+CBダニエレ・ルガーニの2年レンタルという条件をナポリに提示し、同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と数回会って交渉を進めていた。デ・ラウレンティス会長も消極的ながらも交渉を拒まず、ユーベは最終的には獲得できるという感触を持っていたようだ。
 
 しかし、この移籍話を成立させるには、ナポリがハムシクの後釜を確保するのが大前提だった。ユーベはナポリがセリエA開幕前の早いタイミングで、サンプドリアのロベルト・ソリアーノを獲得するのを期待していた。
 
 ただ、当のソリアーノが、昨シーズンまで師事したシニシャ・ミハイロビッチの引きでミランに移籍できる可能性があったため、ナポリ行きを躊躇して話が進まない。
 
 そのうちにセリエA開幕戦でナポリがサッスオーロに敗れるというアクシデントがあり、ハムシクを手放せるような状況ではなくなってしまった。
 
 ユーベはさらにローマに対しても、ピャニッチとアレッサンドロ・フロレンツィをふたりセットで総額3500万ユーロというオファーを提示していた。
 
 だが、こちらはローマが交渉そのものに応じる姿勢を見せなかったため(ジェームズ・パロッタ会長が生え抜きのフロレンツィを手放すことに強い難色を示した)、オファーだけで立ち消えになっている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ