【今だから言える15年夏の超極秘話④】なぜ、ユーベはドラクスラーを獲り逃がしたのか?

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年09月25日

複数の候補者に振られ、最終的にはドラクスラーに絞る。

ユーベの獲得候補に挙がっていたオスカール(左)とイスコ(右)は、移籍金が高いうえ、それぞれの所属クラブにも手放す意思がほぼなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 ユベントスが今夏に一番のプライオリティーを置いていた補強ポイントが、トップ下だった。
 
 ただ、当初名前が挙がっていたオスカール(チェルシー)やイスコ(レアル・マドリー)は端から可能性がゼロに近く、さらにその後に獲得に動いたマリオ・ゲッツェ(バイエルン)やヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)も交渉が頓挫。そんな経緯があって最終的に狙いを定めたのが、ユリアン・ドラクスラー(当時シャルケ)だった。
 
 シャルケは当初から、3000万ユーロ(約42億円)以下で手放すつもりはないという姿勢を明らかにしていた。
 
 これに対してユーベは、ここ2シーズン故障がちでフィジカルコンディションに対する保証がないとして、まず手始めに買い取りオプション付きのレンタル、その後に移籍金2000万ユーロ(約28億円)+個人成績に応じたボーナスという条件を提示。そこからしばらくは歩み寄ろうとしなかった。
 
 ユーベが条件を引き上げずに静観を保っていたのは、他にもマレク・ハムシク(ナポリ)やミラレム・ピャニッチ(ローマ)など、水面下で複数の選手の獲得に動いていたからだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ