【リーガ現地コラム】乾貴士が語るリーガ・デビューとまた抜きの真相

カテゴリ:ワールド

豊福晋

2015年09月24日

突然のスタメン起用に気持ちが揺さぶられた。

突然訪れたデビュー戦でいきなりアシストを記録。乾は新天地エイバルで好スタートを切った。(C)Pablo Morano/AFLO

画像を見る

 先発を告げられたのは、試合直前のことだった。
 
 前日練習で先発組に振り分けられたわけでも、前もってホセ・ルイス・メンディリバル監督に伝えられたわけでもない。
 
 乾貴士が夢に描いていたリーガ・デビューは、5節のレバンテ戦(9月23日)でふいにやってきた。
 
「スタメンが発表されたときは、正直ドキドキしました。自分もこんな感じになるんだなと。普段、そうはならないので・・・」
 
 待ち焦がれたデビューだった。フランクフルトから移籍してチームに合流した3週間あまり、スタンドから試合を見続けた。
 
 だから、途中出場すら経験せず訪れた先発のチャンスに、珍しく気持ちが揺さぶられた。試合前のピッチには、入念にアップする乾の姿があった。
 
 3週間という時間は、チームへの適応という意味で貴重なものとなった。
 
 前半に訪れた二度のチャンスは、左サイドのスペースで乾を使おうとするチームの意思が表れたもの。19分までの間に、ペナルティーエリア付近で左から中へ切れ込んでシュートを狙う得意の形を、二度見せている。
 
「味方も自分のいいところは分かっているし、ボールも回ってくる。ちゃんと自分を見てくれているんです。今日は左サイドからの攻めが多めでしたが、その中で点が取れなかったのはショックですし、もっと精度を上げていかないと。シュートの場面は、1本目は巻いたんですがイマイチだったので、2本目はインステップで。いい感じでゲームに入れたし、楽しくできました」
 
 メンディリバル監督は試合前、乾に「左サイドにはれ」と指示を出していた。
 
 トップ下でプレーメイカーを務めるアドリアン・ゴンサレスや、セントラルMFの主将ダニ・ガルシアから左のスペースへ――。
 
 乾がどんな形でボールを受けたいのか、誰もが十分に理解していた。
【関連記事】
【今だから言える15年夏の超極秘話①】ポグバ移籍は実現の可能性が十分にあった!
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「過去50試合と同じ出来では、明るい未来はない・・・」
完敗の印象は否めないが、マインツの「M&Mコンビ」には今後も期待大!!――レバークーゼン 1-0 マインツ
連勝ストップ&首位陥落……“ハードスケジュール”がドルトムントを狂わす――ホッフェンハイム 1-1 ドルトムント
ミランがバタつきながらも連勝! しかし、本田はまたしても…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ