【今だから言える15年夏の超極秘話①】ポグバ移籍は実現の可能性が十分にあった!

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年09月24日

サラリーの折り合いさえ付いていれば・・・。

15年夏の移籍市場で最大の注目銘柄だったが、結局はユーベに残留したポグバ。ただ、新天地を求める可能性は十分にあった。(C)Getty Images

画像を見る

業界屈指の敏腕代理人として知られるライオラは、ポグバが移籍すれば巨額の手数料を受け取る契約をユーベと結んでいる。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 今夏の間中、噂レベルではカルチョメルカート(移籍マーケット)の主役であり続けながら、結局は残留したのが、ユベントスのポール・ポグバだ。
 
 しかし水面下では、マスコミに報じられていない動きがいろいろとあったのも事実。表向きユーベは放出の可能性すら否定するという姿勢を貫いていたが、実際には移籍が実現する可能性は十分あった。
 
 その取り引き先はチェルシー。移籍期限まで10日を切ったタイミングで、ポグバはユーベ公認のもと代理人のミーノ・ライオラとともにロンドンを訪れ、チェルシーの強化を仕切るマネージングディレクターのマリーナ・グラノフスカヤと会って移籍交渉を行なったのだ。
 
 もしそこで合意に達すれば、ポグバとライオラはユーベにチェルシー行きを迫り、半ば力ずくででも移籍を実現するつもりでいた。しかし両者は条件面で折り合わず、結局、物別れに終わったのである。
 
 チェルシーが提示した条件は、年俸800万ユーロ(約11億2000万円)の5年契約。一方ポグバ側は、年俸1100~1200万ユーロ(約15億4000万円~16億8000万円)から交渉をスタートし、1000万ユーロ(約14億円)を落としどころと考えていた。
 
 だが、チーム内のパワーバランスを考慮するチェルシーは、チームの最高年俸(アザールの800万ユーロ)を上回る金額は支払えないという姿勢を最後まで崩さなかった。
 
 チェルシーはユーベに対して7500~8000万ユーロ(約105億円~112億円)の移籍金に加えて、保有選手の中からひとり、ないしふたりを譲渡するという条件を用意していた。仮に選手サイドとの交渉がまとまっていれば、クラブ間でも合意を見出す余地はあっただろう。
 
 ただ、この条件をユーベが受け入れたかどうかは、わからない。ユーベとライオラの間には、次の移籍時には移籍金から一定のパーセンテージ(15~20%と言われている)をライオラが受け取るという約束があるからだ。
 
 これは、12年夏にポグバをマンチェスター・Uから移籍金ゼロで連れてきたことに対するボーナスとして設定されたもの。
 
 もし1億ユーロ(約140億円)で売れれば、ライオラの懐には2000万ユーロ近い金額が入り、ユーベにはおよそ8000万ユーロが残るという仕組みだ。
 
 1億ユーロならば全員が満足するだろうが、移籍金が8000万ユーロ程度だと、ユーベの手元に残るのは6500万ユーロ(約91億円)がいいところ。これはポグバの売却益としては満足できる数字ではない可能性もある

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ