「日本人にはあまり見られない」ソシエダ番記者が評価した久保建英の“姿勢”とは? 一方で課題も指摘「避けては通れない」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2022年08月03日

「タケはスペイン人」

ここまでプレシーズンマッチ3試合に出場した久保。写真:アフロ

画像を見る

 タケにとって不運だったのは、その後、自身のボールロストをきっかけに、わずか2本のパスによる電光石火のカウンターからボーンマスに1点差に詰め寄られてしまったことだ。敵陣で起こったこと、アルグアシル監督がチャレンジする姿勢を奨励していることを踏まえると、致命的なミスと断ずるには酷なプレーではあったが、その後、責任を感じたタケがGKのアレックス・レミロに謝っている姿が見えた。

 ともあれ、サッカーにはこうしたプレーは付き物だ。むしろ本番前に発生したことはラッキーであり、これを教訓にしていけばいいだけのことだ。
 
 その一方で、改めて印象に残ったのが、タケのパーソナリティだ。彼は負けず嫌いの塊で、抗議を通してでも相手選手や審判に圧力をかけようとする。こうした競争心を前面に出す姿勢は、日本人選手にはあまり見られない光景だ。

 その意味では、タケはスペイン人であり、さすがにラ・リーガの二大クラブ、バルセロナとレアル・マドリーで鍛えられてきただけのことはある。試合終盤には自らのミスをリカバリーしようと、立て続けにサイドを抜け出してクロスボールを供給。いずれも中央で味方が合わせることができなかったが、ウイングらしい仕掛けから生まれたプレーだった。

 タケがいま挑んでいることは決して簡単ではないが、まずは順調なスタートを切った。課題もはっきりしている。好パフォーマンスにゴールが伴ってくれば、幸せな行程が待ち受けているはずだ。

文●ミケル・レカルデ(ノティシアス・デ・ギプスコア)
翻訳●下村正幸
【関連記事】
「私がオーナーでもクボを獲る」元ソシエダの韓国レジェンドが、同胞イ・ガンインより久保建英を“評価”する理由とは? 「中村俊輔のチームと対戦した時、すごかった」
「タケは何か違うものを持っている」ソシエダ番記者に訊いた久保建英の“リアル評”。「一握りの選手のみが醸し出す空気感」で懐疑論者を黙らせる【現地発】
「かわいすぎる」久保建英がサムズアップや雄叫びポーズの撮影をする様子が公開!「改めてすごい」
「クボがファンを征服する」久保建英のソシエダサポからの人気ぶりに現地驚き!「彼の足下にボールが来るたびに…」
「メッシのような見事な動き」久保建英の決定機創出シーンを海外賞賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ