「E-1経由カタール行き」は夢物語ではない!藤田譲瑠チマ、町野修斗、相馬勇紀を推す理由

カテゴリ:日本代表

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2022年07月28日

町野は決定力に加えポストプレーが魅力

E-1選手権では公約通り3ゴールを挙げた町野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 二番目に推したいのが、同じく初招集だったCFの町野修斗だ。香港戦で2得点、韓国戦で1得点を挙げ、目標に掲げていた3ゴールでトップスコアラーに輝いた。
 
 J1リーグでも得点王争いをする22歳のストライカーは、日本代表でもしっかり結果を出したのだ。もちろん相手のレベルを考慮する必要はあるものの、初の国際舞台でいきなりゴールを奪えるFWはそうそういない。町野が「持ってる男」なのは間違いないだろう。
 
 今大会はポストプレーも光っていた。185cmの大柄な身体を上手く使いながら敵DFのマークを剥がし、前後左右からくるボールを足や頭で上手く捌いてチャンスを演出。ある意味では、決定力以上にカタールW杯に向けた重要な能力に見えた。
 
 長く日本代表のエースを担ってきた大迫は、コンディションの問題で過去3回連続の招集外。その間のCFは浅野拓磨、上田綺世、古橋亨梧、前田大然などが担ってきたが、いずれもポストプレーが得意ではなく、森保ジャパンは攻撃の基準点作りに苦慮していた。大迫の代役候補としてタイプが近い町野は、少なくとも9月シリーズで試す価値があるはずだ。
 
 そもそもメジャー大会のFWは、調子や勢いで選考が最も変わりやすいポジション。ハリー・ケインやロベルト・レバンドフスキなら多少の不調でも簡単には外せないが、日本にそんな超ワールドクラスのCFはいない。メンバー固定化を指摘される森保監督も、2019年のコパ・アメリカでは当時大学生で初招集だった上田を初戦スタメンに大抜擢。東京五輪では上田と前田のコンディション不良という事情があったにせよ、大会前最後の強化試合で初めて試した林大地をレギュラーに据えて周囲を驚かせてもいる。
 
 ユース世代での代表歴が皆無で、J3から這い上がってきた叩き上げの町野は、ギラギラとした向上心も魅力。「明日の練習から全力でワールドカップへのアピールに向けて頑張っていきたいです。やらなければいけないこともたくさんE-1で見つかったので、トライしていきたいと思います」と燃えている。

【PHOTO】華麗な崩しから仕留め、忍者ポーズ炸裂!代表定着へアピールした町野修斗!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】E-1制覇は良いけど、カタールW杯の選考となると話は別。活躍した相馬は南野や三笘との争いで勝たないといけない
感慨深い優勝も…“E-1組”のワールドカップメンバー生き残りへ待っている険しい道【編集長コラム】
金田喜稔が韓国戦を斬る!「森保監督の心を動かした選手が何人かいるはず! 町野のシュートに対する貪欲さは買いだね」
「壊滅的な敗北」韓国の日韓戦完敗に中国メディアも衝撃!「守備が急に崩壊。悲劇だ」
「大惨事が再び」韓国ファンが日韓戦の惨敗に阿鼻叫喚! サッカー協会に非難殺到「役員は全員去れ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ