• トップ
  • ニュース一覧
  • 感慨深い優勝も…“E-1組”のワールドカップメンバー生き残りへ待っている険しい道【編集長コラム】

感慨深い優勝も…“E-1組”のワールドカップメンバー生き残りへ待っている険しい道【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2022年07月28日

相馬、藤田、町野らがアピール

韓国を下し、E-1選手権で優勝を果たした日本代表。相馬らがその立役者となった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[E-1選手権]日本 3-0 韓国/7月27日/豊田スタジアム

 Jリーガーの力、意地を見せたい。

 選手、そして森保一監督の想いは同じだったはずだ。
 
 いわゆる“国内組”で臨んだE-1選手権。地の利を生かしたかった日本は、第2戦で23歳以下中心の中国を崩しきれずにスコアレスドローで試合を終え、逆風に晒されたが、最終戦の韓国戦に3-0と快勝。ライバルを下して、そしてJリーガーたちの意地を見ての優勝にはやはり感慨深いものがあった。

 韓国戦で値千金の先制点を含む1ゴール・1アシストをマークした相馬勇紀は、初戦の香港戦では2ゴールを挙げており、大会MVPに選出される活躍ぶり。

 20歳の藤田譲瑠チマは、U-21代表からの昇格組とは思えない冷静さで、ボランチとして攻守に躍動し、韓国戦での相馬のゴールをアシストしたクロスは実に見事だった。韓国にトドメの3点目を“刺した”町野修斗もA代表初選出ながら計3ゴール。大いにアピールしたと言えるだろう。

 他にもボランチの岩田智輝、SBの小池龍太らもJ1で首位を走る横浜での勢いそのままに奮闘。好印象を残した選手は多い。

 
 もっとも相馬が残した言葉が彼らの森保ジャパンでの立ち地を示していた。

 海外組との比較を訊かれて相馬は「同じ土俵には立てていないと思います」と答えたのだ。

「ライバルたちに負けたくない」という想いはもちろんある。それでも自らを客観的に捉え研鑽を積む、彼らしいコメントだった。

 改めて言うが、即席のチームが、キャプテンの谷口彰悟を中心に一致団結し、結果を残したのだ。その姿は評価されるべきである。得点が決まるたびに、ベンチ前で輪ができる光景は、チームとしての雰囲気の良さを強く感じさせた。

 それでも11月に迫ったカタール・ワールドカップへ今回のメンバーからどれだけ食い込めるか、常連となっている谷口、山根を除いてその可能性はかなり限られていると言わざるを得ないだろう。

 6-0で快勝した香港戦は相手との力の差が歴然で、ライバルの韓国は目を疑うような出来だった。何度も苦しめられてきたライバルの姿はそこにはなかった。繰り返しになるが難しい状況で結果を残した選手たちの奮闘は称賛したい。ただ、3試合を通じての内容、クオリティを冷静に判断すれば、本大会行きのチケットを手に入れるのは簡単ではないはず。

 特にこれまでを見ていても、従来のメンバー構成を崩したがらない指揮官である。勢いに乗る相馬、成長著しい藤田らは9月の欧州遠征でも試してもらいたい気はするが……。現状では彼らがカタールの地に辿り着くにはまだ険しい道が待っていると言えるのだろう。

文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【E-1選手権PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3-0で撃破! 4大会ぶりのE-1優勝を飾る!

【PHOTO】運命の日韓戦!選手を後押しする日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
【日本3-0韓国|採点&寸評】宿敵に完勝! 藤田と町野を採点「7」で高評価、MOMに選んだのは…
「日本を相手に戦う気があるのか?」森保ジャパンにまた0-3惨敗の韓国代表にファン怒り!「レベルが低すぎる」
「救いようのない大惨事だ!」日本に0-3完敗を喫した韓国代表に母国メディアが辛辣批評!「完全に崩壊した」
「最高だわ」 森保Jの日韓戦完勝にファン歓喜も、宮市亮の負傷交代には悲鳴「大丈夫なの」
「若いけど…」前園真聖が先制点アシストの藤田譲瑠チマを絶賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ