【藤田俊哉の目】「先制点」と「日本らしさ」。香川の2ゴールは大きな意味を持っている

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年09月09日

日本はあくまでアジアのトップを走り続けなければいけない国。

2連勝を飾った日本は、次節で首位のシリアと対戦する。大一番を前にエースが復調を見せたのは明るいニュースだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ワールドカップの2次予選は、次のシリア戦で、折り返しを迎える。グループ首位に立つシリアとの一戦はとても重要な試合になることは間違いない。
 
 自動的に最終予選に進めるのは各組1位のみというレギュレーションなんだから、日本としては、最低でも「首位通過」をノルマとしておきたい。
 
 アフガニスタンに6-0で勝利したことは素直に喜ばしいことだけど、チームの目標は6ゴールを奪うことではなく、あくまで「首位通過」であることを念頭に置いて戦っていくべきだ。
 
 過去の予選を振り返っても、例えば僕もその一員だったジーコジャパンでは1次予選のアウェーのオマーン戦(◯1-0)がそうであったように、いかなるステージであっても、その後のターニングポイントとなる試合は必ずあるものだ。
 
 現在、日本の所属するグループHは、2強3弱の構図になっている。グループ首位は勝点9のシリアで、勝点7の日本が2位につけている。「首位通過」というノルマを達成するためには、ライバルとなるシリアを次の試合でしっかり叩き、前半を終えて首位に立っているという状況を作り出しておくことが、心理面においてもなにより重要だよ。
 
 日本はあくまでアジアでトップを走り続けなければいけない国だし、そうあって欲しいというのが、僕の希望。そう願っているのは僕だけではないはずだからね。
 
 10月8日のシリア戦は、ハリルホジッチ監督にとって初めて迎える大一番のゲームだ。今回のアフガニスタン戦と同じく、中立国(オマーン)での開催となるけれど、おそらくシリア戦も、日本がゲームの主導権を握る展開になるだろう。
 
 シリアからすれば「引き分け」でも結果オーライとなる。中東のメンタリティを考えると、引き分け狙いの戦い方ができるとは想像できないけれど、向こうがどんな戦い方で挑んでくるにせよ、日本は是が非でも「勝点3」を奪わなければならない。
 
 そこで日本に求められるのはいつもと変わらない。ゴールをこじ開けることだ。ただ、ここまで煽っておきながら言うのもなんだけど、個人的にはそれほど心配はしていない。
 
 攻撃の中心となるべき香川がアフガニスタン戦で2ゴールを奪って、ドルトムントでしか結果を残せないというジレンマを乗り越えてくれた。これでエースが完全に吹っ切れてくれたはずだから。
 
 シリア戦という“山場”を迎える前にエースが完全復活したことは、日本にとってなにより明るいニュース。大一番を前に香川が2ゴールを奪ったことの意味は大きいよ。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】日本のノルマは1位通過。シリアに負けたら解任だね
金田喜稔がアフガニスタン戦を斬る! 選手たちは称えたい。しかし日本代表の強化につながらない「大勝」だけにジレンマを抱いてしまう。
【サッカーダイジェストの視点】2ゴールの香川もうかうかしていられない。背後には本田の影が…
【識者コラム】ハリル采配に変化の兆しを見るも、現行のメンバー選考・強化策がW杯本番につながるのか?
【日本代表|エリア別検証】香川との相性は、武藤や宇佐美より原口が上。最前線の岡崎は「微妙」のひと言
【日本代表】“偶然”の2ゴールにならないために、シリア戦で香川真司に求められるノルマとは?
アフガニスタン戦を終えて――香川「冷静に決められました」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ