【稲本潤一×今野泰幸対談】2022南葛SC、苦戦のワケと関東リーグの難しさ…そして反転攻勢の夏への提言

カテゴリ:特集

伊藤 亮

2022年07月03日

「必要なのはきっかけかと思います(今野)」

リーグ戦での現状は下位に沈むが、「南葛には良い選手が揃っている。巻き返すことはできる」(今野)と前を向く。写真:滝川敏之

画像を見る

 実際にリーグ戦が始まって抱いた戦いぶりの印象は、予想に反していた。ただ、そこは百戦錬磨の2人。現状の分析とこの先の戦いになにが必要かを自分たちの言葉で説明してくれた。

今野 関東2部から1部に昇格したばかりなんですが、正直、自分たちの方が強いだろうという気持ちで戦っちゃってました。そういう雰囲気を作ってしまった。

稲本 今シーズン、自分やコンちゃんが入ってきて、だいぶメディアにも取り上げられて。それが南葛SCの選手にはもちろん、関東1部の全チームにも伝わった。そこで相手は意識してくる一方で、自分たちは昇格したばかりのチームという感覚が欠如したかもしれない。普通、昇格したてのチームが優勝候補になるなんてありえない。自信とすべきところが過信になっていた部分も、ひょっとしたらあったかもしれない。ただ、そうではないんだというのは、みんなもう分かったので。

今野 これまで決して見下していたわけではないんですが、この先は“相手の方が格上だ”という気持ちで臨んでいくのはありかと思います。チームの調子がいい時はなにをやっても上手くいくもので。シーズンを戦い抜く上で11人だけでは無理じゃないですか。どうしてもどこかでメンバーを入れ替えて戦う時に、調子がいい時は誰が出てもスッとチームに入っていける。でも調子が悪い時は逆に入りづらいもので。それでも入ってきた選手が奮闘すれば調子の流れが上向きになったりする。南葛SCにはいい選手が多いから、そういうことがあれば絶対巻き返せる。必要なのはきっかけかと思います。

稲本 (5月の前期6節で)TOKYO UNITED FCに1-4で負けた試合以外は、どちらに転ぶか分からない試合だった印象で。細かいところでの失点やチャンスを決め切れない積み重ねで5月まで来て。そうやって負け越していくと精神的にも厳しくなるし、先制されると気持ちにも余裕がなくなるといった変化が起きてしまう。その中で6月に全国社会人サッカー選手権大会関東予選の2試合をしっかり勝った。特に決勝は逆転で勝った。勝ちグセじゃないけど、これらの試合を自信として、それこそひとつのきっかけになれば。これからの夏場、連戦になるけど、上位と下位で実力差はないぶん連勝すれば正直、1位を狙えるくらいになるはず。そのためにもリーグ再開後の初戦はすごく大事になる。ここで勝点3を取れば、気分的にもプレッシャーから解放されるから。

「リーグ再開後の初戦はすごく大事になる。」この言葉が乗り移ったかのように、チームは6月26日に行われた前期7節の流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎に1-0で勝利。リーグ戦初勝利を挙げるとともに、6月は大学チームを相手に公式戦3連勝。きっかけとなるには十分な結果を残した。7月以降のリーグ戦での南葛SCの変わり身に注目だ。
 
【関連記事】
『キャプテン翼』から繋がった5年目のパートナーシップ、その現在地を見る【南葛SC×KLab 対談・前編】
『南葛SC』によって生み出されるシナジー効果【南葛SC×KLab 対談・後編】
稲本潤一、今野泰幸、関口訓充が続々入団! 南葛SCはなぜ地域リーグでは異例の大型補強を行なったのか?――移籍交渉をしたGMを直撃!
元日本代表の伊野波雅彦が南葛SCに加入! 関東1部クラブが稲本、今野、関口に続く4人目の代表経験者を獲得
南葛SCが新シーズン開幕に先駆けキックオフカンファレンスを実施! 元日本代表トリオが意気込み「全力を尽くす」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ