• トップ
  • ニュース一覧
  • 韓国戦で圧巻2発のU-21鈴木唯人。特注品のスパイクとともに「日の丸を背負う権利」を求めて走り続ける

韓国戦で圧巻2発のU-21鈴木唯人。特注品のスパイクとともに「日の丸を背負う権利」を求めて走り続ける

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2022年06月13日

「頑張っていれば結果が付いてくる」

「代表が全てではない」と語る鈴木。志が低いわけではない。心掛けるのは普段通りの自分。「しっかりとプレーした先に日の丸を背負う権利が生まれる」という考えだ。(C)2022 Asian Football Confederation (AFC)

画像を見る

 韓国戦のパフォーマンスは、まさにエースの仕事。「正直、日韓戦は負けられないし、(自分自身も)この大会に相当な気持ちをぶつけている」と言い切る背番号18の背中が、日増しに頼もしくなっている。そう思えるのも、今大会で継続して結果を残しているからだろう。

 その意味で、鈴木は自らが理想とする道を歩んでいるのかもしれない。以前、代表への想いを聞いた際にこう話していた。

「良い意味で自分は代表が全てではないと思っている。代表を目ざしているのはサッカーをやっている以上は当たり前。しっかりとプレーした先に日の丸を背負う権利が生まれる。僕は普段からそういう想いでやっています。特に年始にA代表候補合宿に呼ばれたので、頑張っていれば結果が付いてくるという経験もしましたから」

 結果を残し続ければ、U-21日本代表で絶対的な存在となり、A代表にも自然と選ばれる。そう確信して、鈴木は自分自身と向き合ってきた。
 
 だからこそ、いつでも自分を見失わない。「特別、攻撃で上手くやろうとか、上手いプレーをしようとは思っていない。注目されてきたからといって、良いプレーしようとするわけではないんです」という言葉が示すように、代表戦で戦うモチベーションを力に変えながら、普段通りのプレーを心掛けていた。だからこそ、韓国戦の活躍に繋がった。

 アジアの頂点まであと2勝。開催国ウズベキスタンとの準決勝でも鈴木のスタンスは変わらない。運動量をベースに攻守で違いを作りながら、自分のプレーをするだけだ。

 今大会、鈴木のスパイクには日の丸が縫い付けられている。これは代表戦を戦うためにメーカーの方が作ってくれた特注品だという。結果を重ねていけば、特注のスパイクは今以上に似合うようになる。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

【関連動画】U-21鈴木唯人、韓国戦で圧巻2発! 鮮烈FK弾&鮮やか反転ショット!
 
【関連記事】
「また悪夢を味わった」日本戦で2戦連続0-3惨敗の“韓国至宝”に母国メディアが嘆き!「日韓戦という言葉を聞くだけで苦しむだろう」
「日本は世界一流の仲間入りをする」U-21代表の“2歳上”韓国粉砕に中国衝撃!「他のアジアの国は追いつけない」
「衝撃の大惨事だ」U-21日本代表に完敗のU-23韓国代表に敵国メディアは悲嘆!「惨めにひざまずいた」
元代表監督トルシエが、中田英寿、小野伸二らとの豪華ショット公開!「みんな表情が柔らかくなってる」「スーツが素敵」など大反響!
森保Jに大敗のパラグアイ、韓国戦はATに追いつかれるもドロー。指揮官が“日本戦”との違いに本音!「どちらが強いという以前に…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ