【岩本輝雄】柴崎への手厳しい評価に違和感。失点につながるバックパスよりも目を向けるべきこと

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年10月08日

個人的に思ったのは、最終ラインがかなり高いな、ということ

失点に絡んだ柴崎(7番)。でも、試合の序盤には惜しいミドルもあった。(C)JFA

画像を見る

 最終予選を戦う日本は、3試合を終えて1勝2敗。オマーンとの初戦は0-1で敗れ、続く中国戦は1-0で勝利したけど、昨日のサウジアラビア戦は0-1の敗戦。まだ7試合、残っているとはいえ、かなり厳しい状況だと言える。

 サウジは思った以上に強かった。際立っていたのはスピード。日本の選手がうまく裏を取っても追いつかれてしまう。中盤のプレッシャーも強度が高く、組織立っていた。

 日本は思うようにボールを動かせず、組み立てもスムーズさを欠いていた。なんとかセンターラインを越えても、前線4人の距離感が今ひとつで、連動したアタックをなかなか繰り出せない。

 かなり研究されていたんだろうけど、かつてのアジアの戦いでは、日本は少なからず警戒される存在だった。相手は構えてくるというか。でも、現在はそうしたリスペクトがなくなりつつある。日本だろうが関係ない。ガンガン来る。アジア全体のレベルが高まっているなかで、日本は苦しんでいるようにも感じた。

 いろんなメディアが森保ジャパンを疑問視している。結果を出せていない以上、それも仕方のないことかもしれないけど、今回のサウジ戦に関して、最も違和感を覚えるのが、柴崎への手厳しい評価だ。
 
 実際、71分の失点シーンでは、柴崎のバックパスが吉田に渡らず、相手に奪われ、そのまま突破を許して決められた。痛恨のミスパスーーそんな風な見方もある。

 この場面で、個人的にまず思ったのは、柴崎のパスうんぬんよりも、最終ラインがかなり高いな、ということ。パスを受けようとする吉田には、サウジの選手が詰め寄ろうとしていた。だから、吉田はもう少し深いポジションを取って、なるべくリスクの少ない状況でパスをもらい、逆サイドの冨安に展開すればいいのに、と。

 これはもう想像でしかないけど、柴崎からすれば、あの位置で吉田がもらっても相手のプレスの餌食になるから、そうならないようなスペースに出したのではないか。もちろん、そこの意思疎通は絶対に必要ではあるんだけど。
 
【関連記事】
「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」吉田麻也が激怒した“差別的行為”に敵国でハッシュタグ運動が拡大!「国民の間で怒りの波を引き起こす」
【セルジオ越後】ハリルの時なら終わっていたが…次に勝てなかったら協会が刺激を与える番
柴崎のバックパスが試合をぶち壊したというよりも…。サウジ戦の敗因は監督の采配にあるだろう【編集長コラム】
【日本0-1サウジアラビア|採点&寸評】柴崎がまさかのパスミス。最終予選で痛すぎる2敗目を喫しただけに…
「自滅した敗北」「なぜこうなる…」韓国複数メディアが日本のサウジ戦を速報!「森保を切れ」日本人ファンの怒りも紹介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ