サウジ&豪州の攻略法は? 最終予選の命運を握る10月シリーズ、森保ジャパンはいかに戦うべきか

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2021年09月29日

1トップのアル・シェフリは要警戒だ

サウジ戦で気をつけたいのは、不用意なファウルで相手に好位置でのFKを与えること。吉田(写真)ら過去に最終予選を潜り抜けてきた選手たちの経験を活かしたい。(C)Getty Images

画像を見る

 最終予選の命運を握る10月の2試合だが、7日のサウジアラビア戦は予選10試合の中で最も厳しい戦いになることが予想される。ジッダのキング・アブドゥラー・スポーツ・シティは5万人収容だが、60%の3万人動員が許容されており、日本代表が最近体感していない完全アウェーに近い雰囲気になることが想定される。

 ロシア・ワールドカップでモロッコを率いたエルヴェ・ルナール監督が率いるサウジアラビアは、ここまで順当に2連勝。ホームの初戦ではベトナムを相手にいきなり先制されたものの、そこから2つのPKを獲得するなど3得点。相手の退場にも助けられて3-1と快勝した。日本を破って勢い付いたオマーンにはアウェーで難しい戦いを強いられたが、しっかりとボールを握りながら前半の終わりに決めたアル・シェフリのゴールを最後まで守り切って、勝点を6に伸ばした。

 ルナール監督は前任者のアントニオ・ピッツィほどボールポゼッションにはこだらないが、ボランチのアル・マルキやモハメド・カンノあるいはアブドラ・オタイフのところでボールを失うシーンが非常に少なく、左右のアタッカーであるサーレム・アル・ドサリとアル・ムワラドが前を向いて仕掛ける状況をうまく作り出している。

 最も厄介なのがトップ下のアル・ファラジュだ。2019年アジアカップのラウンド16で対戦した時に彼はいなかったが、サウジアラビアの中では最も攻撃の変化を付けられるタイプで、彼がボールを持つと攻撃に明確なスイッチが入る。左サイドバックのアル・シャハラニは推進力が高く、アル・ファラジュやアル・ドサリがタメを作る間に追い越して、危険なマイナスのクロスを上げてくる。
 
 そうした厚みや変化に加えて、注意しないといけないのが、アル・ファラジュら2列目の選手たちのファウルのもらい方だ。“中東の笛”とよく言われるが、どの国の誰が担当してもサウジアラビアでのジャッジは非常に難しいものになるだろう。まして日本は普段から欧州基準でプレーしている選手が多く、相手のいやらしい倒れ方で危険な位置のFKが与えられるシーンは1度や2度ではないかもしれない。

 アル・ファラジュは直接FKの名手なので、試合前から頭に入れておく必要はあるが、実際にピッチで向き合ってみないと分からない情報もあるはず。そこは遠藤航や柴崎岳、吉田麻也など、過去に最終予選を潜り抜けてきた選手の経験を大いに生かすべきところでもある。ベトナムのようにPKを与えないことは大前提だが、できるだけ高い位置で試合を進めながら、はっきりと切るべきところは切って行くことが大事になる。

 そして冨安健洋のゴールを守り切って1-0で勝利した2年半前の対戦で、サウジアラビアに無かった武器が1トップのアル・シェフリだ。オマーン戦でも唯一のゴールを挙げたストライカーは、アジアカップ後に就任したルナール監督によって抜擢されたストライカーで、184センチの上背以上にゴール前の抜け目なさが決定力に結びついている。ハイボールだけでなく、速いクロスに合わせるのがうまく、欧州の主要リーグにもあまりいないタイプなので、吉田や冨安は常に警戒しておくべきだろう。

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!
 
【関連記事】
【森保ジャパン最新序列】大一番のサウジアラビア&オーストラリア戦へ。久保ら不在の中盤2列目はどうなる?
【セルジオ越後】スタメンや戦術は敵も分かり切っているが…とにかく最低勝点4! 南野には自分の価値を示してほしい
「胸熱すぎる」冨安健洋とアーセナル守護神がピンチを防ぐ好守→2人の熱いやり取りが大反響!「このシーン何度も見てしまう」
「残念ながら完全にアウェー」反町技術委員長が明かすサウジ戦現地の状況は? 3万人の観客が声援も…
「クボがいない」「古橋も?」アジア最終予選で対戦するサウジのサポーターが日本代表メンバーに驚き

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ