「かなり成長している」ネルシーニョ監督も将来性に太鼓判! 柏のパリ五輪世代FWにブレイクの予感

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希

2021年09月28日

苦戦するパリ五輪世代FW陣…柏FW細谷真大が夏以降に急成長

成長著しい柏FWの細谷。U-20日本代表として10月のU-23アジア選手権予選での活躍も期待される。写真:松尾祐希

画像を見る

 2019年、パリ五輪世代のFWたちは眩い光を放っていた。

 同年5月のU-20ワールドカップでは斉藤光毅(当時横浜FC/現ロンメル)が飛び級で選出され、2トップの一角として存在感を発揮。3戦目のイタリア戦の負傷で途中離脱した点は悔やまれるが、日本の次世代を担うストライカーとして注目を集めた。同年秋のU-17ワールドカップでは西川潤(当時桐光学園/現C大阪)と若月大和(当時桐生一/現シオン)の高体連組が躍動。フィニッシャーとチャンスメーカーを兼ねる西川、圧倒的なスピードが持ち味である若月が攻撃陣を牽引し、オランダ戦との初戦では後者が1ゴール・2アシスト、前者が2ゴールを奪った。国内組にも染野唯月(当時尚志/現鹿島)、櫻川ソロモン(当時千葉U-18/現千葉)といった点取り屋がおり、楽しみな選手が多かったのは間違いない。
 
 あれから2年。多くの選手がプロ2年目を迎えたが、プロの壁に阻まれ、結果を残せている者はほとんどいない。今年1月からベルギー2部のロンメルでプレーする斉藤が徐々に結果を残している一方で、スイスでプレーする若月はシオンのBチームが主戦場。そのほかの選手も継続して試合に絡めず、夏以降に出場機会を得ている染野と櫻川もゴールという結果に恵まれていない。また、U-17ワールドカップ出場組の唐山翔自も高校3年生でプロ契約を結んだ昨季こそルヴァンカップなどでゴールを挙げたものの、今季は出場機会を得られず、4月に期限付き移籍で加わった愛媛でも結果を残せていない。

 もちろん、現時点の結果が全てではなく、代表への道が閉ざされるわけではない。与えられた場所で経験を積んで成長を遂げていけば、一気にブレイクする可能性はある。しかし、パリ五輪までは約3年。残された時間はあまり多くない。今年の10月下旬にはU-23アジア選手権予選を控えており、チームを牽引するストライカーの台頭は誰もが待ち望んでいる。

 そうした状況下で、パリ五輪世代に新たなストライカーが現われた。柏の細谷真大だ。今季はすでに22試合に出場して3ゴール。とりわけ、夏場以降の活躍は目を見張るものがある。7月3日の21節・横浜戦(●1-2)でJ1初ゴールを挙げると、8月9日の23節・神戸戦(○2-1)では87分からの出場でアディショナルタイムに決勝点をねじ込んだ。

「自信は1年目と比べてかなり付いたと思う。自分がどれだけJ1の舞台でできるかを把握できた」
 
【関連記事】
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】両SHに“鹿島コンビ”を選出! A代表の主軸となってほしい久保&中井は選外
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】要注目は神村学園高の2年生FW! タレント揃う中盤で期待値が高いのは?
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】“久保に近い才能”を持つFWをエース候補に! 怪物CBの伸びしろに期待
【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】チームの核は世代筆頭格の鳥栖ボランチ! 尚志高の規格外DFも
【消えた逸材】柏でもプレーした元セレソンMF。「ブラジル史上最高のボランチになれる」と期待されるも、馴染めなかった日本を去った後…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ