【ライターに訊くパリ五輪予想布陣】チームの核は世代筆頭格の鳥栖ボランチ! 尚志高の規格外DFも

カテゴリ:日本代表

森田将義

2021年07月31日

予想というよりは期待に近い

森田氏に予想してもらったパリ五輪の予想布陣。

画像を見る

 現在U-24日本代表が躍進を続けている東京オリンピック。ここから3年後、2024年にはパリ五輪が開催される。

 若い選手の台頭が著しい日本サッカーにおいて、次にどんな有望な選手が日の丸を背負うことになるのかは誰しもが気になるところだ。ここでは、育成年代に詳しいサッカーライターの森田将義氏に、パリ五輪の布陣を、主に現U-17~U-20代表(2001~2004年生まれ)のメンバーから選んで予想してもらった。

――◆――◆――

 東京五輪世代の初陣となった2017年12月のタイ遠征のメンバーで、最終的なメンバーに残ったのはGK大迫敬介ら5人のみ。MF久保建英や堂安律ら、2017年のU-20ワールドカップ韓国のメンバーも当時は選外で、今回の23人中半数は後から追い上げてきた選手だ。

 ブレイクの雰囲気が漂っていたとはいえ、大阪体育大でポジションを掴み始めたばかりのFW林大地のメンバー入りを予想した人は、ほとんどいなかったに違いない。ラージグループにいたとはいえ、DF旗手怜央のメインポジションが左SBになると当時の人たちに言っても、信じてもらえないだろう。
 
 当時、世代別代表の常連だった選手の恩師が「4年前の今頃は、アイツが東京五輪で活躍するもんだと思っていた」と苦笑いしていたが、選手の先を読むのは本当に難しい。努力次第で選手の序列は変わるし、所属チームでポジションを掴むには運の要素も必要になってくる。予想というよりは期待に近いが、パリ五輪のメンバーを現時点で占うなら、このメンバーになるだろうか。

 GKは今回の東京五輪のメンバーにも入ったGK鈴木彩艶がポールポジションに立つ。抜群の反射神経を活かしたセービングと、攻撃の起点となるキックとスローインの質はJの舞台でも証明済み。各種世代別代表の経験も豊富で、中心選手としての活躍が期待される。ベンフィカBで奮闘中の小久保玲央ブライアンも、有力候補であるのは間違いない。

 SBには、すでに所属チームに欠かせない存在となっている中野伸哉と半田陸を挙げた。右サイドの候補として入れた法政大のDFモヨ・マルコム強志はサイズとスピードを備えた選手で、2024年度は大卒1年目だが、加入先でポジションを掴めれば抜擢されるだけのポテンシャルはある。
 
【関連記事】
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
17歳とは思えぬスマートさ… 2024年パリ五輪の中軸と目される東京Vルーキーがスゴイ!!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「本田最高!」パリ五輪世代の19歳アタッカーがスーパー弾丸ミドル!「これが見たかった!」とファン歓喜
「いったいなにが起こっている!」出揃った五輪ベスト8の顔ぶれに海外衝撃!「日本がもっとも盤石」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ