【セルジオ越後】欧州組の序盤戦。冨安はまだ安泰じゃない!取り上げるべきは南野や三笘のゴールより…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月24日

冨安が右サイドバックでの可能性も追求していくなら…

アーセナルでデビュー後、2戦連続先発出場を果たし2連勝にも貢献した冨安だが、越後氏の評価は……。(C) Getty Images

画像を見る

 ヨーロッパのシーズン序盤戦で日本人選手が少しずつ話題を提供するようになってきているね。まずプレミアリーグでは、アーセナルに移籍した冨安が右サイドバックとしてデビュー戦から2試合連続で先発出場して、2連勝に貢献。早速チームメイトや監督からの信頼も勝ち得ているようだ。さらにリバプールの南野も今季公式戦初出場で2ゴールを挙げて、現地でも大きく取り上げられたようだし、久保くんもレアル戦での負傷が気になるけど、今季はコンスタントに試合に出場している。他にもサンプドリアの吉田が点を取ったり、日本代表の主軸の面々がそれなりに存在感を出していると感じるよ。

 ただし、シーズンもまだ始まったばかりで、誰も確固たる結果を残せているわけじゃない。それでも日本のメディアは名前が売れる選手たちをヒーローに祭り上げたがっているようだけど、冷静に考えたら、問われるのはここから先なんだ。

 例えば冨安だよ。日本のメディアを鵜呑みにすると、3連敗したチームを2連勝に導いた立役者がまるで彼のようになっている。でも試合を見ている人ならわかると思うけど、アーセナルはもう昔の強かった頃のチームじゃない。半分以上が24歳以下で、これから名前を売ろうとしている選手たちが集まっている。攻撃を見ても、点が取れそうな雰囲気はあまりないし、勝った試合もなんとか1点をもぎ取ってモノにしたという内容だ。
 
 冨安のパフォーマンスは、空中戦も含めたデュエルやロングレンジのフィードなどは確かに悪くはなかった。でも、得点力のない今のアーセナルで右サイドバックに求める役割とすれば、単純に最終ラインから配給する側になるのではなく、ボールを引き出して敵陣深く切り込むプレーなんじゃないかな。攻撃参加もあるにはあったけど、その回数はまだまだ。そういう部分では、物足りなさが残ったよ。

 今後を考えれば、チーム状態が落ち着いてきて、監督がさらに攻撃的な駒を欲しがるようになったら、右サイドバックとしての地位は安泰じゃない。それに日本代表としても、冨安はサイドバックじゃなくセンターバックの選手でしょう? なぜか日本では“ポリバレント”=汎用性の高い選手というのがありがたがられているけど、決して戦力をプラスにしているものじゃない。右サイドには酒井というレギュラーがいるからね。むしろ、インテル相手にも堂々と渡り合って、得点も決めてチームに勝点をもたらした吉田のような働きこそ日本代表にとってはプラス要素だ。

 アーセナルの次戦は日曜のトッテナム戦だけど、まずはここで韓国のエースをシャットアウトする活躍と同時に、右サイドバックでの可能性も追求していくなら、攻撃面でもグイグイ押し込んでいくプレーを見せてほしいものだね。

【動画】セルジオ越後も絶賛! 日本人選手3人の連係から生まれた鈴木優磨の美弾!
【関連記事】
【セルジオ越後】川崎もバルサも必然の結果。サッカーの基本は出ていくだけなら弱くなるということ
【セルジオ越後】中国のレベルの低さと冷房の効いたスタジアムに助けられた日本…そんな中で一番光っていたのは?
「誰も彼を抜けなかった」冨安健洋をアーセナルの元エースが絶賛! 話題の“抱擁動画”には「近年あんなシーンを見なかった」
冨安健洋の衝撃はC・ロナウド&ルカク級! “期待を上回った新戦力5人”に選出「いかに影響力がある選手か知る由もなかった」
日本人選手7人が出場! STVV鈴木優磨が今季初ゴールも、伊東純也が勝ち越し弾をアシストしヘンクが逆転勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ