【J1採点&寸評】FC東京1-1名古屋|“気迫プレス”から先制弾の助っ人FWをMOMに! 名古屋守護神も高評価

カテゴリ:Jリーグ

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年09月23日

FC東京――2CBがシュヴィルツォクを自由にさせず

【警告】FC東京=青木(42分) 名古屋=なし
【退場】FC東京=レアンドロ(81分) 名古屋=なし
【MAN OF THE MATCH】アダイウトン(FC東京)

画像を見る

[J1リーグ32節]FC東京1-1名古屋/9月22日(水)/味の素スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 6
序盤からセカンドボールをしっかりと回収し、試合を優位に進めた。ホームで勝ち切れなかったことは反省だが、攻撃陣の前線からのプレスや、守備陣の奮闘など、今後に向けての好材料も多く得られた試合となった。

【FC東京|採点・寸評】
GK
13 波多野豪 6
37分、相馬のクロスと見せかけたシュートにも素早い反射神経で対応。直接FKで決められた同点弾はリフレクションでチャンスなし。

DF
6 小川諒也 5.5(33分OUT)
攻撃ではペナルティエリア内に果敢にボールを運び、守備でも気持ちの入ったプレーを披露。しかし、早い時間帯に無念の負傷交代となった。

3 森重真人 6
相手が多用した背後を狙うロングボールを、慌てずしっかりとはね返した。J・オマリとの連係も見事で、相手攻撃陣に自由を与えなかった。

32 ジョアン・オマリ 6.5
ここぞのタイミングで勢いよく前へ飛び出て、ボール保持者にプレスをかけて相手の攻撃の芽を摘んだ。危険な存在であるシュヴィルツォクにも仕事をさせず。

50 長友佑都 5.5
2試合連続スタメン。67分にはマテウスが持つボールをかき出し、雄叫びを上げる。ただ攻撃参加の回数が少なく、クロスも相手にブロックされていた印象だ。
 
MF
10 東 慶悟 6(67分OUT)
右サイドハーフながら、状況に応じて中央寄りにポジションを変え、攻撃を組み立てた。またプレスバックも効いていた。

21 青木拓矢 6
セカンドボールの落下点を正確に見極め、何度も回収。カウンターでも起点となっていた。

31 安部柊斗 6
ボールを左右に効果的に配給して、攻撃にリズムを生んでいた。90分間上下動を繰り返した運動量も称賛に値する。
 
【関連記事】
「許されない行為」一発退場のFC東京・レアンドロに指揮官が言及。中谷もコメント「1試合出場停止では物足りない」
「親子でかわいい」長友佑都、11年ぶりの復帰戦を見守る妻子の姿にファン反応!「貴重な体験ですね」
【J1トップ3順位予想】猛追の横浜と失速の川崎、明暗を分けた“夏の移籍事情”。3位争いは鳥栖と神戸の一騎打ちか?
【J1トップ3順位予想】主力流出と怪我人続出の川崎…現状有利なのは横浜か。絞られた5チームの3位争いの行方は?
久保建英が保有元のマドリー戦で5戦連続のスタメン入り!初先発イ・ガンインとの連係に期待

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ