【J1採点&寸評】名古屋2-1横浜|MOMは先制弾の中谷!敗れた横浜も高評価の白熱したゲームに

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年09月19日

名古屋――キム・ミンテは中谷と好連携で守備を安定させた

【警告】名古屋=マテウス(19分)、米本(73分) 横浜=レオ・セアラ(42分)、小池(52分)、喜田(55分)
【退場】名古屋=なし 横浜=なし
【MAN OF THE MATCH】中谷進之介(名古屋)

画像を見る

[J1リーグ29節]名古屋2-1横浜/9月18日(土)/豊田スタジアム

【チーム採点・寸評】
名古屋 6.5

押し込まれる時間帯は長かったが、決して引いて守り倒すだけの試合にはしなかった。効果的な形での加点にはこのところの攻撃面での成長も見られ、勝負強さは日々増している。

【名古屋|採点・寸評】 
GK
1 ランゲラック 6

スーパーセーブの機会は少なかったが、自分がさばくべきシュートやクロスを堅実に処理し、守備陣に不安を与えなかった。

DF
6 宮原和也 6

前田大然を相手にしても守備に冷静さを欠くことは少なく、きっちり封殺。プレスに囲まれても焦らないボールさばきも良く、攻守の流れを崩さなかった。

MAN OF THE MATCH
4 中谷進之介 6.5

勝利の流れを生み出すセットプレーでの得点には「小学校時代にやっていたストライカーの血がよみがえった」と自画自賛。守備面ではクロス対応、対人、ボランチ周辺の空いたスペースを潰す守備と広範囲にプレーし、勝利の立役者となった。
 
20 キム・ミンテ 6
中谷との連係もスムーズで横浜の流動的な守備に対峙。ゴール前での高さ、中谷が動き回る分のカバーリングと巧みにこなし、守備陣を安定させた。

23 吉田 豊 6
エウベルとのマッチアップには手を焼いていたが、決して自由は与えていない。速い攻撃への対処が実に的確で、攻撃面を支える運動量もしっかり整えて勝利に貢献した。

MF
15 稲垣 祥 6.5

中盤の底から守備全体をマネジメント。守備面では激しく潰す場面とスペースを消す部分のバランス取りが素晴らしく、周囲を操るコーチングも非常に効果的だった。

5 長澤和輝 6(62分OUT)
稲垣とは縦関係に近いポジションバランスでプレーし、相手のビルドアップに対するフィルターとして奔走した。球際はあくまで激しく、もみ合う場面もあったが一歩も引かず。先制の場面ではコーナーキック後の稲垣のボールに上手く合わせてチャンスを拡げた。
 
【関連記事】
公式戦2戦連発弾!名古屋、中谷進之介が呼び起こした「小学校以来のストライカーの血」
「聖人すぎる」“不適切な行動”を悔やむイニエスタの謝罪に反響続々「本気なんだなこの人は」
ピッチに座り込んだ冨安健洋にアーセナルの同僚と監督が…バーンリー戦後の“胸アツ”動画が大反響!
完敗の浦和戦で見えた新生セレッソの課題…選手と監督が語った「今一番大事」なこと
「容赦ないイジリw」浦和Lの猶本光が安藤梢のお茶目な姿を激写!「ちょっと可愛いしっぽ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ