「僕たちを必要以上にリスペクトしていないのは腹立たしい」。初戦黒星で蘇る本田の主張【編集長コラム】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年09月05日

オマーン戦の日本は監督を含めた総合力で力負けをした

イラク戦後の本田の主張は、アジアの勢力図の変化を示すものでもなかったか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 カタールW杯アジア最終予選の大事な初戦で、オマーンに0-1と敗戦。決して油断したわけではないだろう。試合前の会見で、前回大会の最終予選での初戦黒星を経験している吉田麻也や酒井宏樹などは「同じ過ちを繰り返してはいけない」というニュアンスの発言をしていて、ホームで星を落とせばその後の展開が苦しくなることは十分に承知していたはずだ。

 それなのに、相手の術中にハマった形で完敗を喫した。5年前、同じ最終予選の初戦でUAEに敗れた試合はアップセットの感が強かった。 明らかに日本が押し込む時間帯があって、ツキがなかった印象もあったが、今回は違う。選手個々の戦いで劣勢を強いられる場面がかなりあって、戦術的にも明らかに劣っていた。「負けるべくして負けた」という吉田の言葉がピタリとはまるゲームだった。

 日本がアジア最上位というFIFAランクに踊らされてはいけない。決して、日本は強くない。ある意味、オマーン戦はその事実を初戦黒星という強烈なインパクトとともに示してくれた試合とも言えるだろう。

 実際、試合運びはオマーンのほうが上だった。日本に流れが傾きそうな時間帯も焦らず、粘り強く対応。攻撃の局面ではサイド攻撃を有効活用し、揺さぶりをかけた。守備面では大迫に起点を作らせないよう、中央部をがっちりと固めて決定機を作らせなかった。

 端的に言えば、日本は監督を含めた総合力で力負けした。
 

 オマーンの堂々たる戦いぶりを見て、蘇ってきたのが本田圭佑の言葉だ。

 2016年10月6日に行なわれたロシアW杯アジア最終予選のイラク戦、山口蛍の劇的な決勝弾で日本が2-1と勝利したあとのミックスゾーン、本田は少し昂った声でこう言った。
 
「本当はこっちが向こうをバカにしたいんです。あんまりそういうところは戦術的には求められていない。そういうところは僕やヤットさん(遠藤保仁)の真骨頂なところでね。僕もその辺のスピーディーさが欠けるとか、いろんな意見があるんでしょうけど、アジアレベルで言えば徹底的に相手をバカにするプレーは得意としている。

でも、それは(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表では)今求められていない。怖い攻撃をもっと増やしていこうというところが今の代表のテーマなので、それはそれで前向きにチャレンジしたいという気持ちで臨んでいる。自分になかったところなのでね。別に否定的ではないですよ。でも、本来はイラクみたいな国が僕たちを必要以上にリスペクトしていないのは腹立たしい。本当は向こうがうざいと思うくらい回さないといけない」

 この中で印象的だったのが「僕たちを必要以上にリスペクトしていないのは腹立たしい」という件だ。この傾向は前回の最終予選もより今回のほうが強まるのではないか。これがオマーン戦の敗戦を受け、脳裏に浮かんだことだった。
 
【関連記事】
「負けるべくして負けた」。吉田麻也が内田篤人の質問に答え、厳しくコメント「全然良くなかった」
驚きではなく、オマーンに妥当な敗戦。大迫をほぼ消された日本に怖さはなかった【編集長コラム】
【セルジオ越後】五輪から3連敗…勝たせてくれない監督には信頼がなくなるよ。残念だったのは久保と堂安のプレーぶり
「一番痺れた」「容赦ない」試合後の内田篤人&戸田和幸のインタビューが大反響! ファンからは様々な声が
日本代表がオナイウ阿道を追加招集! 離脱した南野に代わりカタール開催の中国戦に参加

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ