【セルジオ越後】五輪から3連敗…勝たせてくれない監督には信頼がなくなるよ。残念だったのは久保と堂安のプレーぶり

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月03日

相手の方がボール際でも運動量でも、スピードでも圧倒していたのは、ある意味当然だ

最終予選で黒星スタートとなった森保ジャパン。ここから巻き返せるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 カタール・ワールドカップのアジア最終予選がいよいよ開幕したね。楽しみにしていたサポーターも多かったかもしれないけど、初戦は期待を裏切るような結果となってしまった。オマーンに0-1の敗戦。これは、ただの負けじゃないよ。吉田は「負けるべくして負けた」と言ったけど、その言葉通り“完敗”に他ならない。

 どっちがホームか分からないような試合だった。日本は1対1では抜けないし、ミスも多くてシュートが少なかった。リズムも悪くて、パスは相手の様子を窺いながら足下ばかりを経由して、まったくテンポが上がらなかった。
 
 一方でオマーンは得点シーンやサイドを崩してPK判定となった(のちにVARチェックで取り消し)場面に象徴されるように、勢いのある攻撃が目立っていた。1か月前から欧州で準備していただけあって、日本をよく研究していたし、なにより勝点3を掴み取ろうとする執念が日本よりも勝っていたよ。

 言ってみれば、日本は戦う前から負けていたんじゃないかな。移籍の準備で何人かの選手が試合に間に合わなくて、欧州から日本に帰ってきた大迫もコンディションが今ひとつ。神戸ではまだ本調子じゃないよね。そのうえ、試合前日に南野と板倉が試合に出られない状況となってしまった。

 大事なホームでの初戦で万全の準備ができなかった。相手の方がボール際でも運動量でも、スピードでも圧倒していたのは、ある意味当然だね。大迫も全然“ハンパない”ところを見せられなかった。

 それから残念だったのが、途中から出てきた久保くんや堂安のプレーからは五輪で負けた悔しさを感じなかったことだよ。言葉ではなんとでも言えるんだよ。でも、その悔しさをピッチの上でぶつけて、答えとして見せなかったら意味がない。「何がなんでも点を取ってやるんだ」「俺がチームを救うんだ」という意気込みを感じるプレーを見せてほしかったけど、そんなモチベーションが実際のプレーとして全然フィットしていなかった印象だよ。

 とにかく、あらゆる面でオマーンの方がはるかに上のレベルで試合をやっていたのは間違いないよ。

【PHOTO】パナソニックスタジアム吹田に駆けつけた日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
「一番痺れた」「容赦ない」試合後の内田篤人&戸田和幸のインタビューが大反響! ファンからは様々な声が
「必然の敗戦」だったオマーン戦。“若い芽の勢い”ではなく“経験値”を信頼した森保監督の目論見は崩れ去り…
金田喜稔がオマーン戦を斬る!「理解に苦しむベースの喪失。最低限のタスクさえ表現できていなかった」
「私たちにとって歴史的な勝利」オマーン指揮官が分析した森保ジャパン。弱点として挙げたのは…
「アジアNo1チームがまさか…」最終予選で同組ベトナムのメディアが酷評「相手がどこでも負ける」
「オマーンが日本のスターたちを抹殺」森保ジャパンの敗戦に同組・中国のメディアも驚き!「精彩を欠いた」と指摘したのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ