「自分に期待している」“ネクスト甲府産ブレイク候補”。町田の太田修介が見る「未来への道筋」

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年08月28日

「自分が後半から出たほうが相手は怖いでしょ」

町田で活躍する太田修介。古巣の甲府戦に向け、インタビューに応じてくれた。写真:滝川敏之

画像を見る

 日本代表の伊東純也や佐々木翔、広島の柏好文や名古屋の稲垣祥など、甲府で育った出世頭は多い。たぶん次の“甲府産ブレイク候補”は、町田の太田修介になるのではないだろうか。

「自分に期待している」

 太田はインタビューでそう繰り返した。その言葉どおり、自信を漲らせている。「精神的に楽になった」と回顧する14節・新潟戦の今季初ゴールを皮切りに得点数を「5」まで積み重ね、「コンディションはずっと良い状態をキープできている」と、まずはここまでの活躍を振り返った。

「今は相手の最終ラインをブレイクしていく自分の長所を発揮できていると思っています。1対1で仕掛けていくシーンでも、自らのストロングポイントを見せることができている。

 水戸戦(22節)のゴールは特に良かったですね。カウンターで相手の背後に抜け、自らの強みを生かせていたので。(ランコ・)ポポヴィッチ監督から求められている『最短距離でゴールに迫る』部分も体現できました」
 
 もっとも、自身の好調ぶりとは裏腹に、スタメンで出場したのはわずか9試合で、19節の群馬戦を最後に先発がない。何の気なしに「そろそろスタメン出場したいですね」と投げかけてみると、すごく感心させられる返答がきた。

「5ゴールだけでなく、3アシストもしているからこそ、もちろんスタメンで出たい気持ちは強いです。その想いがなくなることはないですが、あんまりネガティブな感情を抱いても物事は上手く進まないとも思っているんですよね。

 一見すると個人的な数字は悪くないですが、監督にもゲームマネジメントがあるわけで、今は、僕は途中出場がチームにとって一番良いということだと思っているので、自分のなかでは気持ちの整理ができています。そういった折り合いをつけられているから、ゴールやアシストにもつながっているのかなと。

 それに序盤戦、先発のチャンスをもらったのに、消えてしまったゲームがありました。僕にはまだ課題があります。スタートから試合終了までの90分間、攻守両面で自らの長所を出し切れる選手にならないといけません。

 課題も理解しつつ、整理はできているので、今は『自分が後半から出たほうが相手は怖いでしょ』って自分に期待していますよ」
【関連記事】
【町田】鄭大世は「どんどんチームは良くなっている」と実感。新バックスタンドのこけら落としで、新潟撃破へ高まる期待感
鄭大世に響いた中村憲剛からの助言。引退を撤回して臨む新シーズンは「後悔するか、しないかの戦い」
心に響いた中村憲剛の金言。町田の岡田優希を支えているアドバイスとは?
「カイシュウ、半端ない」から1年――。高卒2年目の“俊英ボランチ”佐野海舟に漂う覚醒の予感【町田】
【町田】チームの命運を握るセカンドトップ。10番の新体制における変化と重要性

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ