【岩本輝雄】杉本健勇とマリノスの相性はバッチリ。まさに水を得た魚のような活躍ぶりだね

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年08月13日

マリノスへの移籍は正解だったんじゃないかな

移籍後初先発で初ゴール。杉本は後半戦のキーマンになりそうだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 五輪が終わってから、久々のJリーグ現地観戦。三ツ沢にグランパスを迎えたマリノスは2-0で勝利。前節はエスパルスにドローに持ち込まれたけど、今回はしっかりと勝ち切って、これで10戦無敗と調子が良さそうだね。

 監督が代わって何か変化があるかなと思ったけど、良い意味で、ほとんど変わっていない。素早く攻守を切り替えて、相手に休ませる時間を与えないよう高い位置からすぐ奪いに行く。マイボールにしたらスピーディに仕掛ける。サイドバックが中に絞って攻撃に厚みをもたらすなど、個々が状況に応じて効果的なポジションを取る。

 攻守の両局面で相変わらずのアグレッシブさ。試合前に小雨がパラついて、ピッチが良い感じで濡れているからボールもよく走る。マリノスらしいサッカーを存分に披露して、勝点3を力強く手繰り寄せた。

 そのなかで際立っていたのが、今夏新加入の杉本だ。移籍後初先発で、先制点となる初ゴールもマーク。残り10分ぐらいで交代でベンチに下がる時、スタンドからわき起こる拍手の大きさが、その活躍ぶりを物語っていた。

 杉本は3トップの真ん中で、確実にボールを収めてくれる。相手を背負っていても、簡単に奪われない。パスを受ける際のポジショニングもセンスがある。空いたスペースにスッと顔を出して、受けようとする。
 
 そこで起点となって、キープもしくはリターンの判断にも迷いがないから、マリノスのテンポの速い連動したサッカーの中で本当に効いていた。あれは味方も楽だと思うよ。

 そして高さもある。ゴール前に多少アバウトなボールを入れても、なんとかしてくれそうな雰囲気がある。実際、自身の得点はティーラトンからの鋭いクロスに上手くヘッドで合わせた形。海外移籍したオナイウと比べて、個人的には杉本のほうがひとつレベルが高いような印象がある。

 日本代表にも選ばれるくらい、もともとポテンシャルは高い選手。前所属のレッズでは、少し難しい時期を過ごしていたかもしれないけど、マリノスへの移籍は正解だったんじゃないかな。杉本が欲しいタイミングでボールが出てくるような気がするし、周りのサポートも早いから、本人もやりやすいと思う。まさに水を得た魚のようだね。
 
【関連記事】
メッシが投稿した初練習&挨拶回り動画が2500万回再生超の大反響! S・ラモスとの熱いやり取りに「数日前までは不可能だった」
東京五輪代表に“怪物”久保竜彦がいれば…。ある意味、林大地が示した日本代表の限界【東京五輪】
「涙が出てくる」久保建英の練習合流&戦友再会動画が大反響!「楽しそうで見てる方も楽しくなる」
「日本酒がエネルギー源」「人間離れしている」。岩本輝雄と名良橋晃が“規格外”と評す久保竜彦の凄さ
「天才というよりも…」。“元同僚”岩本輝雄と名良橋晃が明かす「中田英寿の本質」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ