Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年03月10日

プーマカップ前橋で、尚志は選手権4強の帝京長岡を7-0で圧倒

尚志のDFアンリがプーマカップ前橋で圧倒的な存在感を見せた。写真:安藤隆人

画像を見る

 3月6、7日と前橋育英高サッカー部高崎グラウンドと健大高崎高サッカー部グラウンドで行なわれたプーマカップ前橋。前橋育英、健大高崎の他に尚志、帝京長岡、名古屋グランパスU-18、柏日体、米子北、長崎総合科学大附属が参加し、多くのJクラブスカウトが集結したこの大会で、ひと際注目を集めていたのが尚志のCBチェイス・アンリだ。

 アメリカ人の父と日本人の母を持つ、187cmの大型CBである彼は、圧倒的な空中戦の強さと高いボール奪取能力に加え、スピードを生かしたカバーリング、強烈なキックからのフィードと、CBに必要な要素を高いレベルで兼ね備えており、すでにプロの激しい争奪戦が繰り広げられている。

 第2戦の帝京長岡戦でスタメン出場。昨年11月のU-16日本代表候補合宿の後に股関節を痛めて離脱をした影響で、この試合が復帰2試合目となったが、そのブランクを感じさせない身体のキレと圧倒的な存在感で、昨年度の選手権で2年連続ベスト4に輝いた帝京長岡の攻撃をシャットアウト。チームも大量7ゴールを奪って、7−0の圧勝に貢献をした。

「みんなが練習をしていて悔しかったけど、トレーナーから『焦ってやるとまた怪我をするぞ』と言われていたので、我慢しながらその時間を利用して、自分のサッカーIQをもっと鍛えようとサッカーを見て学ぶ時間に充てました。個人的にリヴァプールのCBファン・ダイクのプレーはものすごく参考にしていて、ヘッドが強く、1対1で負けないし、フィードも正確ですべてが素晴らしい。チームではドルトムントの縦に速いサッカーも参考にしましたし、Jリーグでは川崎フロンターレやFC東京の試合をよく見ました」

 この成果はビルドアップの部分で出た。最終ラインでボールを受けると、スペースがあると見るや縦への加速力を生かして、ボールを持ち出して相手の陣形を崩してから縦パスやサイドチェンジを打ち込む。時にはそのままドリブルで仕掛けて、ゴールに迫るなど、視察に来たスカウトたちをどよめかせるシーンもあった。

【選手権】来季も期待大の下級生ベストイレブン!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ