17歳とは思えぬスマートさ… 2024年パリ五輪の中軸と目される東京Vルーキーがスゴイ!!

カテゴリ:Jリーグ

海江田哲朗

2019年07月03日

飛び級でトップ昇格、期待のルーキー山本理仁は今

J2第12節の長崎戦でJリーグデビューを果たした山本理仁

画像を見る

 期待のルーキーが、いよいよ台頭してきた。

 今季、ユースから飛び級でトップ昇格を果たした東京Vの山本理仁。足もとのボールコントロールに長け、広い視野でパスを配給できるレフティだ。また、全体の状況を見ながら危険なスペースを察知し、素早く対応する守備力も備える。

 J2リーグ12節の長崎戦でJリーグデビューを果たし、17節の鹿児島戦では初スタメン。以降、継続してメンバー入りし、17歳とは思えない冷静沈着なプレーを見せている。
「プレーの選択は、デビューしたての頃に比べれば余裕を持ってやれていますね。途中出場が多く、いきなりテンポの速い流れに合わせるのは難しさがありましたが、最近はすんなり入れるようになった」

 トップの練習に参加するようになって半年が経ち、プロのスピード感に慣れてきたことが大きいのだろう。
「紅白戦で途中からAチームに入れることが増えてきて、(佐藤)優平さんや(井上)潮音くん、(藤本)寛也くんから『もっとこうしたほうがいいよ』とアドバイスを受けたのが生かされていると感じます。練習から先輩たちと話し合いながらやれるのは本当にタメになる」

 この謙虚さ、聡明さが新しいことをスポンジのように吸収し、一段高いレベルへの適応を可能にする。
 
 6月30日、20節の岐阜戦、山本は今季2回目の先発メンバーに名を連ねた。

 ゲームは東京Vが圧倒的にペースを掌握しながら、岐阜に先制点を許す苦しい展開。山本はやや後方に位置し、ダブルボランチを組む井上をサポートしつつ、バランサーに徹した。

 岐阜のカウンターを警戒し、ルーズボールの回収と相手の攻撃の起点を速やかに潰す。前に人数をかけすぎては渋滞を引き起こすという考えもあったに違いない。ゲームの展開を見ながら次に現れる局面を読めるだけに、スマートにプレーにしすぎる面はある。若さに似つかわしくない落ち着きぶりの副作用とも言えそうだ。

 結果、85分に交代し、終了間際のレアンドロの決勝ゴールをベンチから見届けることになった。自らタクトを振るってゲームを動かし、チームを勝たせる力をつけていくのはこれからだ。

 U-18日本代表で10番を背負う山本は、来年の東京五輪の次、2024年のパリ五輪を目指す世代の中軸と目される。底知れない能力が開花し、ピッチで存分に躍動する日を楽しみに待ちたい。

取材・文●海江田哲朗(フリーライター)
【関連記事】
久保建英の「推定市場価格」が400%の大幅アップ! 日本人総合ランキングでは何位に?
東京五輪の布陣はどうなる? コパ3戦を通じて見えた必須の縦軸は冨安、柴崎、そして…
「日韓戦は新たな局面に入った!」韓国メディアが久保建英とイ・ガンインの“ライバル関係”に熱視線!
【コパ・アメリカ総括】日本代表メンバー23人の通信簿。若き森保ジャパンで最も輝いたのは…
会心2ゴールで東京Vの救世主になった林陵平!マニアックすぎる「ゴールパフォーマンス」も要注目

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ