左SH起用に一発回答の旗手怜央。フランス戦で示した金メダル獲得のキーマンになりえる理由【東京五輪】

カテゴリ:連載・コラム

河治良幸

2021年07月29日

五輪代表のマルチロールとしてさらに評価を高める

フランス戦は左サイドハーフで起用された旗手。攻守両面で持ち味を発揮し、4-0の完勝に貢献した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[東京五輪グループステージ第3節]U-24日本4-0U-24フランス/7月28日/横浜国際総合競技場

 4-0。絵に描いたような快勝というのは、五輪のような大舞台、しかも強豪相手になかなか無いが、フランス戦はまさにその表現がぴったりの結果と内容だった。

 もちろん、これまでの試合と同じく、全員の意識が噛み合った前からの守備や、ボールを持ったら積極的にゴールを狙う姿勢、それに伴うビジョンの共有、さらには頼もしいオーバーエイジの存在など、ベーシックなところだけでも勝因は多く挙げられる。

 しかし、フランスも徐々にチームとして良くなってきており、決して与しやすい相手ではなかった。他会場でメキシコが南アフリカに勝利することを想定すれば、フランスとしては2点差以上で勝たなければ準々決勝に勝ち上がれないため、攻撃的に来ることは間違いなかった。だが日本が早い時間帯に先制できれば、心理面も含めて大きなアドバンテージを握ることができる試合だった。

 そうした状況でこの試合のキーマンになったのは、左サイドハーフで起用された旗手怜央だ。もともと同世代で大学ナンバーワンのストライカーと評価され、森保一監督も最初の頃は上田綺世とともにFWとして招集し、1トップで起用することも多かった。

 そこから2列目の候補にもなっていたが、所属クラブの川崎フロンターレで左サイドバックに新境地を見出すと、五輪代表のマルチロールとしてさらに評価を高めた。

 今回も基本的には中山雄太と左サイドバックのポジションを争う構図が予想され、南アフリカ戦ではスタメンの中山と代わり、後半途中から左サイドバックとして1-0の試合をクローズする役割を果たした。ただ、この時も本人は前めのポジションで使われることを想定して準備していたようだ。

 2試合目のメキシコ戦では、ディエゴ・ライネスという左利きのサイドアタッカーをほぼマンツーマンで封じる仕事を中山が担い、2-1の勝利に貢献した。その2試合目で出場機会のなかった旗手が、フランス戦では左サイドハーフとして先発起用された戦術的な理由は、大きく2つあったと考えられる。

 1つは、フランスの攻撃がかなり右サイドから作られるということが関係している。4-3-3の右ウイングにはA代表の経験も豊富なオーバーエイジのフロリアン・トヴァンがおり、右サイドバックには積極的なオーバーラップとクロスを得意とするクレマン・ミシュランが構える。
 
 精力的なディフェンスを持ち味とする旗手だが、守備のスペシャリストでないことは本人も認めており、メキシコ戦に続き中山が“トヴァン封じ”の役割を担うことは理にかなっている。その一方でミシュランの攻め上がりに対しては、運動量と馬力があり、ポジションの取り合いでも主導権を取れる旗手の特長を生かしやすい。

 守備のパワーという意味では相馬勇紀も負けていないが、特に序盤はサイドハーフが自陣で対応するシーンも多く、旗手の対応が効いていた。

 もう1つは攻撃面の特長だ。相馬や三笘薫のような本格派のサイドアタッカーではないが、オフ・ザ・ボールで相手の嫌がるスペースに潜り込むビジョンとセンスは今回のチームの中でも卓越したものがある。

 フランスの右サイドは攻撃に強みがある反面、守備ではトヴァンが前残りになる傾向が強く、ミシュランも人を的確に掴む守備をあまり得意としていない。そうしたスカウティングも森保監督や選手に入っていたはずだ。
 
【関連記事】
「まさか自分がフランス戦で…」酒井宏樹が“かつての相棒”との惜別2ショットを公開!「一生大切な友人です」【東京五輪】
【セルジオ越後】タフで強い、本当に凄かった! フランス戦で一番輝いたのは久保くんでも遠藤でもないね/東京五輪
「若きジャポンに圧倒された…」フランス戦快勝のU-24日本代表に仏メディアも感服!「ハタテが厄介だ」【東京五輪】
仏紙がU-24日本を絶賛!「攻撃のリーダー」久保建英と並んで「フランスを平手打ちした」と評されたのは?【東京五輪】
「衝撃を受けたのはクボと…」敵国フランスの大手紙記者に訊いた日本の印象「速くて強度が高い」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ